スポーツ

2017年1月29日 (日)

太陽に背を向けて30kmワンウェイ

「太陽アレルギーという事を信じてくれてありがとう」
太陽を避けるルートを考えたらこうなりました。

Dio


久しぶりに1日空いたのでLSDしました。
自分はDIO様ほどではないですが太陽が苦手です。
いつもは夜ランですが、朝からとなると太陽対策が課題です。
以前、前橋から北に向かって走って電車で帰りましたが、20kmより先では歩道が無くなるので南を向くか電車で帰るしかありませんでした。
そこで今度は、まず電車で南に行き、帰りを走るという手法を採りました。
ルートラボ画像で示します。

Map_2

Map_3



今回は神保原駅出発で30kmです。
朝出発でこのルートで走れば、太陽はほぼ視界に入りません。
そして、体調によって出発点(新町駅とか本庄駅とか)を変えることも出来ます。
いつか熊谷駅発55kmもやってみたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

オータ二刀手といえども

2016年プロ野球の表彰選手が発表されました。大谷選手はMVPに、投手・DH部門の二刀流でベストナインに選出されました。素晴らしい選手であることに異論はありませんが、投手としては盛られているのではないかと思います。

http://npb.jp/award/2016/voting_bt9.html

プロ野球では、「投手」は野手・捕手等に比べて別格の扱いなのだと聞いたことがあります。

曰く、「投手」は「投手」であり、「選手」とは呼ばれない。

「一塁手」「外野手」「捕手」など一括りに「選手」と呼ばれるが、「投手」は「投手」と呼ばれ、「選手」とは呼ばれない。

そういう観点では、大谷選手は何と呼べば良いのか。

プーは、「オータ二刀手」と呼んでみました。「二」は漢字の方です。カタカナではありません。

今現在、「二刀手」は検索しても出てきません。

Photo_2


本当は、日本シリーズで大活躍して、こう呼びたかったのですが、広島側のマークが厳しく今ひとつでした。

まあ、来年には相応しい実力を身に付けてタイトルを総なめにしてメジャーに移籍すると思うのですが。

しかし冷静に考えて、MVPとベストDHに異論は無いにしても、投手部門の受賞には疑問があります。

投票結果の次点である石川歩投手は14勝5敗、防御率2.16。その次の和田毅投手は15勝5敗、防御率3.04です。オータ二刀手は10勝4敗、防御率1.86と、勝利数は、パ・リーグ全体で8位タイであり大きく劣ります。防御率1位のタイトルは規定投球回数に3だけ足らず受賞を逃しています。

それを補うのは165km/hの日本記録と日ハム日本一という話題性です。

プーの個人的には、「話題」や「将来性」を授賞理由にするのは好きではありません。

それで、ノーベル平和賞のオバマ大統領やマララ・ユスフザイさんの件でノルウェー政府を批判しました(受賞者の批判はしていませんよ)。

だって、評価されるべきは「結果」第一であるべきだし、結果を出しながら受賞を逃した人が現実に存在するわけですから。

そんなわけで、オータ二刀手には是非とも来年にはベスト投手に相応しい成績を上げて貰って、日ハムが年俸を払えずにポスティングでメジャー移籍してもらいたいです。

来季の年俸はいくらになるでしょうか。

今季は2億円。5年目の来季は5年目2億7000万のダルビッシュ以上のインパクトで3億円でしょうか。これ以上は球団が払えないと思うので、あとはメジャーで稼いでくれとなるでしょう。

プーはオータ二刀手のメジャーでの大活躍を願って応援しています。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

前橋渋川シティマラソンに申し込み

2017年4月23日の大会に申し込みました。

正直、記録更新は期待していません。
おそらく暑くて記録を狙えないからです。
下手したら夏日になり、完走すら怪しくなります。
仕事が入って出走できない可能性だってあります。

それでも出ておきたいのは、兎も角もフルマラソンを走って経験値を上げたいからです。
そして、いつかホノルルマラソンに出た時の役に立つと思うからです。

長期的なゴールを設定し、短期的な目標を達成していくのは一つの戦略と思います。
いつになるか分かりませんが、夢を掲げて一歩一歩進んでいきます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

ぐんまマラソン完走

今日はぐんまマラソンでした。プライベートタイムは前回より30分近く早くなったので満足です。

前日から色々な薬の世話になり、気持ちを落ち着けたり呼吸機能を高めたりしました。
スタート前にアミノバイタルとBALANCE POWERと塩サプリを食べました。スタート整列後にトイレに行けるラッキーもありました。

スタートロスは5分。スターターして猛然と追い上げるゲストのエリック・ワイナイナさん(シドニー五輪マラソン銀メダル)とタッチできました。1kmあたり6分40秒~7分を刻んで5kmスプリットを34分前後で維持して体力も温存しましたが、30km以降の帰りは6mの北風に煽られ、さらに交通によるランナーストップに2度引っ掛かってタイムロス。残り12kmくらいはグロス5時間を意識したシビアな展開だったので怒り心頭でした。最終的にはネットタイム(プライベートタイム)は余裕、オフィシャルタイム(グロスタイム)でもギリギリ目標を達成し、満足でした。

エイドが当てにならないのでアミノバイタルゼリー2本とザバスピットイン2本持って30kmまでに食べました。中盤で塩サプリとアミノバイタルも1本ずつ服用しました。それでも最後は少し低血糖気味だったので、バナナとかもう少し食べれば良かったです。。水分管理はこまめに少しずつ摂ってトイレは1回だけと上手くいきました。もう1回行っていたら5時間超えていた・・・

終わったらストレッチにコールドスプレー。ペプチド錠とプロテインと胃腸薬を服用しました。近くのスポーツジムで軽く泳いでストレッチ。そしてマッサージ受けました。アフターケアは万全かと思いきや、酒が止まりません。明日は筋肉痛がどうなっているか・・・

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

雨ニ負ケタ・・・

フルマラソンが1ヶ月半と迫る中、限られた時間で精一杯練習しようと思っていますが、天気には勝てません。

天気は雨でしたが、ランを強行しました。走れる機会が限られており、明日はもっと雨予報だったからです。
しかし水たまりを避けるのが一手間で、それでも踏み込んで濡れてしまい、靴もシャツも短パンも濡れて重くなっていました。
困ったのは足裏がふやけて痛くなったことです。この前の赤城ではワセリンを塗ったのが幸いしたか全然平気でした。今回は甘く見ていました。

結局、まともに走れたのはハーフまで。フルのコースを走るはずが、途中で切り上げ、28kmでした。こんなことではフルを走れない・・・

まあ、何だかんだで自信を付けたり失いながら本番に臨むのだと思います。

明日も走るかな・・・?

Dsc_0008_3

利根川も濁流になっています。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

あかぎ大沼・白樺マラソン2016に出た

3月の板橋以来ですが、大会に出てきました。山の上の湖畔を5km×4周です。個人的には結構満足できました。

Dsc_0005_2

今年2月にようやくワカサギ釣りが解禁になりました。

この大会は初出走です。
湖畔のアップダウンのあるコースを20km、制限時間2時間20分は少し不安でした。5月と2週前に試走して関門を免れる目処は立っていました。しかしこの大会ではよくあることらしいですが天気は小雨。気温16度は、8月の大会としては大分走りやすかったと思います。

結果としては2時間を少し余裕で切りました。急な上りもあってのことなので、なかなか満足です。
平地でハーフでも2時間切れそうなくらいです。

励みになったのは、ヤマダ電機女子陸上部の選手達の声援を受けたこと。
しかしそれも2周まで。あとは自分との戦いでした。
最後は緩い下りをラストスパート。デッドヒートの相手には敗れてしまいました。
その彼に撮って貰いました。

Dsc_0009



夏のランはこれで終わり、次は11月3日のフルマラソンに向けた練習になります。
次第に涼しくなる(はず)で、本番までにコースを2回は走ってしっかり準備して、5時間を切りたいと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

仕事帰りにコース下見

8月に20kmの大会に出ることにしました。
今日は仕事が午前で終わりなのでコースに行ってきました。

山で涼しいですが、アップダウンがキツイです。
本番は5km4周で制限は2時間20分。参加人数800人だからスタートロスは2分以内と予想。
でも制限が怖いので実走してみました。

最初は抑えて入り、段々ペースアップ。
最後は上りで力尽きると思っていましたが、
33-32-32-31分と上出来でした。マサカ、ストップウォッチガマタオカシイトカ??
ええ、1周ずつ測り直しましたよ。

Dsc_03361


4周目で写真を撮りましたが、あまり良い絵ではなかったです。
2周目で晴れたのですが、その時は後で良いやと思っていましたが、
山の天気は変わりやすく、惜しいことをしました。

Dsc_0342

あと最後、某漫画のスタート地点です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月24日 (日)

ストレス解消にLSD(ランニングです)

めっきり更新頻度が下がってしまいました。

4月に転勤となってから仕事が忙しくて前のようには走れませんが、今日は少し時間が取れたのでゆっくり2時間走ってきました。

16kmを2時間だから8km/h、気分は爽快で、疲れは全く残っていません。但し少し寒かったです。

この年で新しい仕事を覚えるのは結構ストレスが多いですが、個人的な資質としてストレス耐性が弱いような気がしています。

そんな時にランニングすると、脳内麻薬が出て気分爽快になります。ええ、こっちは合法です。 スピードを上げて怪我しては元も子もありません。

仕事に慣れるまでは大会を意識せずにLSDやファンランでストレス解消していきたいと思います。

Photo

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月25日 (金)

ストップウォッチがマッドウォッチ!?

日曜日の敗因の一つを軽く検証しました。
自分の腕時計のストップウォッチの精度です。
ベンチマークは家の電波時計です。

結果
1時間までは正確。
それ以降では電波時計1分につき約3秒早く進んでいました。

Mad_watch_2


5%増しです。
10km/hで走ったつもりが10.5km/hのオーバーペースになる勘定です。

なぜ1時間過ぎたら精度が悪くなるのでしょう??
通常、ストップウォッチは1/100秒単位で計測できます。
当然、表示も(分)(秒)(1/100秒)です。
これが、1時間を過ぎると、(時間)(分)(秒)と表示され、(1/100秒)が省略されます。
表示と一緒に、時計の内部の時間も1/100秒の計時を省略しているのか??

Watch


腕時計も安物ではダメということか。
いずれにしてもそれだけでは先日の敗因を語ることは出来ません。
減量、走力、コンディションなど色々あります。
それぞれを改善して楽しく完走したいです。

「青山剛のランニングナビ」では、「頑張る」と「楽しむ」を両立させるのが長続きする秘訣と説いています。
これなのかな、と思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

お前はディオだったのか! ~板橋Cityマラソン

ありのまま今起こったことを話すぜ! おれのストップウォッチが公式タイムを超えていた! 何を言っているかわからねーと思うが、おれも何をされたかわからなかった・・・

Polnareff_2

板橋Cityマラソンの結果は、ネット5時間40分ちょっとという惨憺たる結果でした。5km毎のラップは、34:06、32:40、33:41、36:13、48:50、48:31、43:11、44:48、19:38でした。
原因はいくつかありますが、2・3週前の河川敷ランニングに答えの大部分はありました。
その時は奪水掌(だっすいしょう)とか霞噴猩(かふんしょう)とか不束宵(ふつかよい)とか言っていましたが、まずは、自分の腕時計のストップウォッチが早かったのです。9km/hなら余裕で目標達成と思っていたら、2度の練習で挫折。その時は分かりませんでしたが、今回当然、自分のスタートと同時にストップウォッチを押したのだからスタートロスの分だけずっと公式タイムと差が付いているはずなのに、途中で追いつき、追い越してしまいました。ネットタイムと手元の計時を比べるに5.5%早かったです。その分オーバーペースで、前半のうちに力尽きてしまいました。

Clock

こんなことをしてやりたい気分です。
しかし自分は吝嗇でお人好しだから、そんなもんだと分かって付き合うんだろうな・・・

それと、暑さ・太陽に弱いと言うことも分かりました。
いつも走るのは夜なので、そっちの経験が乏しかったです。河川敷ランニングはそれをカバーするためのものでしたが、辛くても42km走り切りっておけば違ったかもしれません。今回、中盤暑くて歩きましたが、終盤は太陽が雲に隠れて涼しくなったので再び走ることが出来ました。
去年秋のタイムの方が良かったのは、その前にもっと暑い中で本番コースを練習できていたからです。今回はそれが出来なかった、というか、冬から春にかけてのマラソンの難しさを感じました。

あとは前泊の宿です。
安定剤に睡眠薬まで動員しましたが、エアコンが暑く、ホテルの人に頼んで持ってきて貰ったクーラーは五月蠅くて、よく眠れませんでした。ビールを買って飲んだところで眠れましたが、途中で何度も目が醒めてしまいました。中盤でやたら眠かったのは、このためだったと思います。人間、昼頃が眠い時間帯と言われています。これを越えると夜まで眠らないでも大丈夫だったりします。
もっと良い宿を選ぶか、自宅から日帰り圏内で大会を選ぶかですね。

今回は酷い結果ですが、課題がある限り成長の余地はあると思います。
考えながら経験を積んで、速くなっていきたいと思います。

Skytree

一応証拠のスカイツリーです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧