スポーツ

2020年6月22日 (月)

プロ野球 すぐにでも観客1000人で始めよう

プロ野球は7月10日から5000人の観客を入れ始めるそうです。プーとしては、1000人という段階を踏んでから始めて欲しいです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c0da109196005441a1eb4fc51273f3f58840e91 (Yahoo!ニュース 報知新聞 最終閲覧日2020年6月22日)

プロ野球は22日、Jリーグと合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議(第10回)」をオンラインで行い、専門家を交え、観客を入れての試合開催に向けて協議した。プロ野球の斉藤コミッショナーは6月19日の公式戦開幕に際して改めて感謝を述べた上で、「7月10日からお客さんを入れて開催させていただきたいと思っている」と話した。

プロ野球は観客を入れるタイミングについて政府の方針に従う方針を示しており、政府の基本的対処方針では7月10日から上限5000人で観客の入場ができる。感染状況次第で、8月1日以降は収容人数の50%までの入場が可能になる。

プーの6月19日の記事で示していますが、台湾のプロ野球は無観客、1000人、2000人、8000人前後、と段階を踏んでいます。
http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-ded15e.html

無観客での試合は、感染対策の観点では練習試合と大差ありません。練習試合は6月2日から行われているので、感染から発症までの期間を2週間とするならば無観客での感染リスクの把握は十分です。早く、1000人でも観客を入れて試合をすべきです。

 

屋外での試合そのものでの感染リスクは低いと考えられます。むしろその前後での感染が心配です。
その1000人に移動追跡のアプリを導入してもらい、観戦前後の移動を確認すべきです。もしかしたら観戦後に夜の街に繰り出しているかも知れません。
観客1000人で2週間ほど様子を見て、感染拡大が起こったら再び無観客にする必要があります。
それをいきなり5000人の観客を入れたら、もしもの時のリスクは5倍です。

プロ野球には早く、少しでも観客を入れての試合を望みます。

Banner_13_20200616112301 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

プロ野球開幕。台湾に続け

ついにプロ野球開幕です。選手たちには全力プレーで我々に力を分けて欲しいです。

 

 

ようやく大規模なスポーツが動き始めますが、当面は無観客です。

流行状況を見ながら徐々に観客を入れていく流れでしょう。

 

外国では、最強の防疫国である台湾の事例が参考になります。

https://www.asahi.com/articles/GCO2020060501002032.html  (朝日新聞DIGITAL 最終閲覧日2020年6月18日)

台湾プロ野球(CPBL)は5日、新型コロナウイルスの対策会議を開き、現在は各球場2千人を上限にしている観客数を7日から拡大すると決めた。着席の間隔が前後と左右の1席分に緩和され、最大収容人数の約4割の入場が可能になるという。2万人を収容できる楽天の本拠地球場の場合、8千人程度が入場できる。

 CPBLは日米韓など海外に先駆けて4月12日に無観客で開幕した。感染のリスクが低下したことなどから5月8日から千人を上限に観客を入れて試合を開催。同15日からは最大2千人に増やした。観戦時に着用を義務付けているマスクは今月7日から、着席時は外すことが許される。(共同)

当初は無観客、徐々に観客を入れて現在は最大収容人数の約4割です。

 

台湾は世界で最もコロナウイルス対策に成功した国です。

Taiwan

(worldometer Coronavirus update Taiwan 最終閲覧日2020年6月18日)

感染者累計が400人台です。2万人近い日本、まして200万人以上のアメリカとは雲泥の差です。

しかし日本も最近はずいぶん落ち着いていて「夜の街」以外はほとんど発生していません。

台湾と同様に、日本も少しずつ観客を入れて、気持ちを盛り上げていきたいです。

Banner_13_20200616112301 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

センバツの代替開催発表。高野連に敬意、球児達に思い出を

センバツ高校野球の代替試合が開催されます。日本中に勇気を与えてくれる試合を期待します。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f048306c96bbf8958671240139d1cfa33046bf39 (Yahoo!ニュース スポーツ報知 最終閲覧日2020年6月10日)

日本高野連は10日、大阪市内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で史上初めて中止になった第92回センバツ高校野球大会の代替試合「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を甲子園球場で開催することを発表した。センバツに出場予定だった32校を招待し、8月10日~12日、15日~17日の6日間(13、14日は予備日)で対抗試合各1試合を行う。

高校野球が春も夏も中止が決まって落胆していましたが、高野連は裏で関係各所に根回しをしていたのでした。ディスってすみませんでした。

これで球児達も完全燃焼することが出来ます。

また、

3年生を1人でも多くという配慮から、ベンチ入りは例年の18人から2人増の20人。

というのも粋な計らいです。

勝利至上主義を取っ払えば、一人でも多くの3年生の出場と思い出を、という場に出来ます。

ベンチ入りして、一打席でも、一回の守備機会でも躍動して一生の思い出にする球児が増えて欲しいです。

 

応援はどうでしょう。

リモート応援になりそうですが、甲子園のスタンド、という軛を逃れるならば、色々なアイデアが使えそうです。

学校の校庭から人文字、集団行動、創作ダンス。但しマスク着用で。

猛暑の甲子園でないので、校歌や応援歌には木管楽器や弦楽器も使えます。

合唱部や軽音にも選手のヒッティングマーチを分担してもらいましょう。

地元の合唱団や交響楽団だって映像で出演OKです。

街の商店街や役場を映しても良いです。

「おかん、おるやん・・・」と球児がボヤくかもしれませんがw

コロナ禍を転じてみんなで盛り上げる甲子園に出来たら良いですね。

 

ところで拙ブログでは、3月12日に代替開催要望の記事をアップしていました。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-3b38be.html

・流行が落ち着いた時期に、32校で各1試合、合計16試合を行う。試合日程は4日間。連続でも土日2回でも可。

・9回で終了、同点なら引き分け。

・対戦カードはマッチング方式(各校で対戦希望相手を順位付けして提出し、突き合わせて上位から決定)

素人の思いつきの予想が大体当たった訳ですが、これを実現させた人達の努力には感謝しかありません。

 

あとは、コロナ禍がそこそこ落ち着いてくれていれば、です。無事開催されることを願っています。

Banner_13_20200610223701 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

巨人の2選手に感染の疑いだが

新型コロナウイルス感染症に対する抗体検査は、確立すればとても安心できますが、現時点では不安の種です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b0e2704e20aafd33e329ae591da3881e950343c (Yahoo!ニュース 日刊スポーツ 最終閲覧日2020年6月4日)

巨人は1~3軍の選手、監督らスタッフ計218人に対して、5月29~31日に新型コロナウイルス感染歴を調べる抗体検査を実施した。その中で感染後に回復したことを示すIgG抗体が確認されたのは坂本、大城を含む計4人だった。西武との練習試合を終えた2日夕方、慎重を期すために4人がPCR検査を受け、2人の陽性が確認された。

抗体検査の結果を信じるならば、坂本・大城選手は過去の感染で免疫を有しており、今後の感染の可能性も低いという喜ばしい状態です。

しかし巨人軍関係者に行われた検査は、大学の「研究」です。大学側と巨人軍のニーズが一致したため大規模に行われたのですが、まだ検査の精度が確立していません。

偽陽性や偽陰性がどれほど紛れているのかを、これら研究を通して確認するのです。

それなので抗体陽性が出たら、念のためPCRも行わなければならなくなります。

 

PCRの結果は「微陽性」という、プーも初めて聞く判定結果です。

死んだウイルスを検出したのではないかというのが、現状の判断です。

もしかして彼らは3週間前くらいには歌舞伎町の歓楽街にいたのかもしれませんが、もう感染力はなく、開幕の日程には影響しないと考えます。

 

そのうち社会が落ち着いたら、抗体検査で未感染が確認された人に対し、

「お前コロナ童貞だな。歌舞伎町に行って貰ってこい」

なんて言葉が流行るのではないかと予想します。

Banner_13_20200604101801 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

WHOのテドロスが東京五輪とのバーターに求めるものと落としどころ

WHOのテドロス事務局長が、東京五輪に口出ししました。彼は中国の代弁者ですが、交渉の余地はあるように思えます。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-663491/ (@nifty TBSニュース)

 WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、来年7月に延期された東京オリンピック開催について「世界の結束と連帯がなければ、簡単ではない」との認識を示しました。

テドロス率いるWHOは新型コロナウイルス感染症で中国に忖度してパンデミックを許し、その後も中国寄りの発言を繰り返しており、中国との癒着の可能性は濃厚です。

そのテドロスが、上述の発言です。

 

WHOに対しては、アメリカと台湾が表立って非難しています。

アメリカはWHOへの分担金の拠出を停止しました。

台湾は昨年末にWHOに送ったコロナ情報を無視されたために肺炎を「武漢肺炎」と呼び続けています。

 

5月18日から開催されるWHO総会への台湾のオブザーバー参加を、日米とドイツ、ニュージーランドは要望しています。

https://news.nifty.com/article/magazine/12208-663494/ (@niftyニュース、東洋経済オンライン 最終閲覧日2020年5月17日)

台湾に参加させたら、WHOは何を言われるかわからないので、参加は困難でしょう。

 

しかし、テドロス自身が「世界の結束と連帯」と言っています。

揚げ足を取らない手は無いと思います。

落としどころとして、台湾のオブザーバー参加の代わりに、テドロスに対する非難の取り下げやWHOへの拠出金を再開する、

といったあたりはどうでしょうか。

 

いずれにしても、東京五輪まで1年以上あります。

それまでに多くの知恵や解決手段が得られるはずです。

人類の知恵は危機を乗り越えられると思っています。

Banner_13_20200517170101 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

センバツの代替開催を考える

第92回選抜高校野球は、新型コロナウイルスにより中止となりました。

無観客なら良いではないか、と思っていましたが、世の中の雰囲気と、宿泊施設での感染拡大への危惧により中止という決定になりました。

 

高野連は「球児に甲子園の土を踏ませてやりたい」

江川氏は春夏合同プランを提案しました。

しかしそれも選手や高校・主催者の負担が大きいのではないかと思います。

 

勝利より思い出重視のプーが、選抜の代替案を考えます。

・流行が落ち着いた時期に、32校で各1試合、合計16試合を行う。試合日程は4日間。連続でも土日2回でも可。

・9回で終了、同点なら引き分け。

・対戦カードはマッチング方式(各校で対戦希望相手を順位付けして提出し、突き合わせて上位から決定)

 

どうでしょうか。あくまで思い出重視です。勝利を目指すなら夏に賭けてください。以下、利点を挙げます。

勝利のメリットが無いので、多くの選手を代打や継投で出場させることが出来ます。

夏に賭ける高校は、ベンチ外3年生を出場させて貴重な思い出を作ることが出来ます。

対戦カードは、実力が拮抗した好試合が期待できます。

高校は長期宿泊の負担が軽減されます。

 

優勝を目指す強豪以外にとっては、悪くない案だと思うのですが。

本音は、折角わが県から2校出場になるのに気の毒だ、なのですがね・・・

Banner_13_20200312223801 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

 

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

悔しいけど収穫のある敗戦

サッカー日本代表、惜しかったですね。

優勝候補、休養十分の強豪相手に2点先制するも逆転負けでした。
でもポーランド戦後の世界的なバッシングは拭い去れたと思います。

今まで3度のベスト16進出の中で、最も良い戦いが出来ました。
同じ16強止まりとなった強豪、ポルトガル、スペイン、アルゼンチンに、
負けてないんじゃないかという手応えを感じられました。

胸を張って帰ってきて、次に向けて頑張って欲しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

昭和村河岸段丘ハーフマラソンに出場




しんどい大会でした。
26度の暑さと高低差200mの上りで体力が尽きました。
タイムは2時間30分ちょっとという残念なものでした。

2週前のロングランの3日後にいつも通り走ったら左膨ら脛を痛めてしまいました。
あまり走れなかったのは今回の結果の一因でしょう。
大会ではそれほど気にならなかったのですが、帰宅後にマッサージを受けたら同部位が硬くなっていたと言われました。
一旦しっかり休みたいと思います。

それだけではつまらないので「河岸段丘」。
社会の教科書に載るのは隣接する群馬県沼田市の片品川ですが、こんな感じです。
段丘の下の方に沼田の市街地が広がっています。

Dsc_0042_7



それと、ぐんまちゃん。
2014年のゆるキャラグランプリの優勝者です。

Dsc_0022_10_3

 

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

イニエスタがJリーグで見られる!

第一報に接したときには当て馬だろ? と思っていました。続報が出てもなお疑念は払えませんでした。しかし、今日の記者会見でようやく安心しました。
イニエスタが神戸を選んだ理由は「信頼」
 
これは1991年にジーコが日本に来た、以来の衝撃だと思います。
 
イニエスタ選手はFCバルセロナとスペイン代表の中心でした。
W杯優勝1回とUEFAチャンピオンズリーグ優勝4回という栄光と、技術・頭脳・人格どれを取っても最高級です。
 
彼には、選手としてのパフォーマンスだけでなく、他の選手や社会への模範としても期待できると思っています。
それにしても三木谷社長のマネーと手腕にも尊敬します。
イニエスタ本人に年俸32億円の3年契約にも驚きますが、
去年の7月にFCバルセロナと4年間で280億円のパートナー契約を結んでいるのだからおったまげです。
 
楽天ってなんの会社だっけ? と思いますが、元々は楽天市場でしたが、急速に業務を拡大して今では金融業が主体だそうです。
 
その辺が心配になってしまいますが、イニエスタによって会社と日本の価値が高まればいいな、と期待しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

ハーフの前に34km走

プーが出場を予定している大会は、5月27日の昭和村河岸段丘ハーフマラソンです。
参加費はふるさと納税1万円です。
https://www.kagandankyu-marathon.net/
一昨日参加通知書が届きました。
ハガキ一枚です。

Dsc_0008


今日が2週間前なので、大会前最後のロングランとしてゆっくり走ってきました。
天気は曇が厚く(昼から雨)気温20度と、比較的涼しく紫外線を気にしなくて済むコンディションだったので、
つい距離が伸びて34kmになりました。

終盤は雨が降ってきて焦ったためか、歩道の小さな突起に躓きました。転倒は免れましたが腰が「ビキッ」と言って痛かったです。
帰宅後スポーツジムの水風呂に長く浸かって湿布を貼って収まりましたが、明日はどうなっているでしょう?

Dsc_0007_2


こちらは利根川です。
今日は釣り人はいませんでした。これから水量が増すからでしょうか。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧