« 二大政党制の弱点を露呈した米大統領選挙 | トップページ | 完全燃焼の煉獄さんのおかげで鬼滅の刃に感動 »

2020年11月 9日 (月)

今の札幌市は7月の新宿区

札幌市のススキノでコロナ感染者が大量発生していますが、別に珍しくもないです。7月に新宿区が経験したことです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9599b0de8613af8ca0681b5de571b32ad76bae15 (Yahoo!JAPANニュース 北海道ニュースUHB 最終閲覧日2020年11月9日)

北海道の新型コロナウイルスへの感染者が11月9日、過去最多200人を超える見通しとなったことがわかりました。5日連続の100人超が、ついに200人台への到達見込みとなり、感染拡大が止まりません。

(中略)

ススキノ地区でのアルコールを提供する飲食店の時間短縮営業要請など、対策強化への取り組みが始まっています。

北海道の陽性判明者数と、仮想実効再生産数を10月1日からグラフにしました。

20201109

データのソースはYahoo!JAPAN 北海道 新型コロナ関連情報 (https://hazard.yahoo.co.jp/article/covid19hokkaido 最終閲覧日2020年11月9日)です。

本日の判明者数は仮に200人としていますが、もっと多いはずです。

いずれにしても、仮想実効再生産数は2を突破しました。この「2を突破」というのは、急速な流行を示す数字で、7月上旬に新宿区で起こったことであり、しかしながら中旬以降には次第に収束していきました。

新宿区も札幌市も、夜の街での感染拡大が原因です。マスク着用出来ないところでの流行は、やはり防げません。

さらに、寒くなって換気が困難になっていることも流行拡大に影響していると思われます。新宿の夏は「暑くて」換気困難だったでしょうけれど。

この地域に営業時短要請すれば、単純に時短の割合だけ実効再生産数と売り上げが減少します。売り上げも減るところが、時短要請の難しいところです。

 

死亡率の上がるかもしれない冬場だけは警戒が必要でしょう。

インフルエンザがこの時期でも全く流行していないことから、普通の人たちは十分警戒していると思いますが。

Banner_13_20201018224401 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 二大政党制の弱点を露呈した米大統領選挙 | トップページ | 完全燃焼の煉獄さんのおかげで鬼滅の刃に感動 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二大政党制の弱点を露呈した米大統領選挙 | トップページ | 完全燃焼の煉獄さんのおかげで鬼滅の刃に感動 »