« コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える | トップページ | 北海道のコロナは本当に減っている »

2020年11月30日 (月)

札幌市のコロナは減り始めている

最近、コロナ感染者のニュースは新規陽性者ではなく重症者数に注目されています。逆に言えば新規陽性者数は頭打ちになっているのです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/678f677466b293e2840597a9210ff1b43e156809 北海道ニュースUHB 最終閲覧日2020年11月29日

 

11月29日、北海道で新型コロナに感染した5人が死亡、新たに192人の感染が確認されました。4日ぶりに200人を下回りました。

 死亡したのは道内在住の40代女性と年代性別非公表、札幌市の80代女性、旭川市の年代性別非公表2人の計5人です。

 新たに感染が確認されたのは▼札幌市116人、▼旭川市26人、▼小樽市2人、▼函館市1人、▼道内47人の計192人です

札幌市の新規陽性者数は116人です。

https://hazard.yahoo.co.jp/article/covid19hokkaido (Yahoo!JAPANニュース 北海道 新型コロナ関連情報 最終閲覧日2020年11月29日)

これに基づきグラフにすると、

20201129

新規数7日/前の7日は、27日から1を割り込む、すなわち減少傾向が始まっています。

 

北海道がこのタイミングで時短要請やGOTO自粛を決めたのは、間違いだと思っています。

結果論かもしれませんが、自粛しなくても減る流れだったし、自粛を決めるのだったら新規7日/前の7日が2に達した時点で決断すべきでした。

コロナ対策の結果が出るのに2週間くらい掛かる、というのが難しいところですが・・・

 

こうなれば、早く自粛を解除してくれることを願っています。

Banner_13_20201018224401 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

 

|

« コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える | トップページ | 北海道のコロナは本当に減っている »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える | トップページ | 北海道のコロナは本当に減っている »