« 下仁田駅へ48km | トップページ | コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える »

2020年11月24日 (火)

歓楽街は既感染の証明を逆手にとって安全宣言してはどうか

全国的に新型コロナウイルス感染症の流行が拡大していますが、その中では札幌市の増大は鈍っています。

20201123

発生源である歓楽街のスタッフは大部分が感染して免疫を持つ状態になったのだと思います。

そしてウイルスは周辺に拡散して家庭内感染が問題になっている、という段階です。

であれば、歓楽街のスタッフはコロナに関しては安全宣言しても良いのではないでしょうか。

コロナの感染が穢れのような扱いをされていた今年春とは状況が違います。感染して1ヶ月もたてば、その事実は却って安全であることを表します。有効期限が何ヶ月かは知りませんが、感染してもおそらく最初より軽く済むのではないでしょうか。

 

札幌市の飲食業のコロナ対策の動きの遅さについて、北海道出身の職場の同僚が言っていました。

「すすきので職を失ったら、良くて生活保護、悪ければ凍死するか犯罪者になってしまう。」

これを防ぐためには通常営業を続けるしかなかったのでしょう。

コロナからも失業からも命を守らなくてはならない、大変なジレンマですが、

この際、「既感染」を武器にして接待してはどうでしょうか。

Banner_13_20201018224401 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

|

« 下仁田駅へ48km | トップページ | コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下仁田駅へ48km | トップページ | コロナの流行予測をインフルエンザの流行で考える »