« ハマスタ満員実験、健闘を祈る。流行は北から | トップページ | やはり流行は北から »

2020年10月18日 (日)

アニメで大化けした鬼滅の刃

鬼滅の刃はアニメ映画版も大ヒットです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c76df2e6225afc1cfc3b1e1abd2eb549722c55f  (Yahoo!JAPANニュース 日刊スポーツ 最終閲覧日2020年10月18日)

アニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」(外崎春雄監督)が公開初日の16日だけで興行収入(興収)10億円を突破したことが17日、分かった。

漫画家・吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏原作で、竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が家族を殺した鬼と戦うために修業し、鬼と化した妹禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を探して戦う物語。16年2月に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。19年にテレビアニメが放送されて人気絶頂の中、5月に連載を終えて話題となった。

ジャンプでは5月に連載終了していますが、人気は止まるところを知りません。

 

ただ、テレビアニメ開始前は特別に人気があったとは思えませんでした。

鬼達は殺傷力も再生能力も高く、一方で人はバタバタ死んでゆき、世界のバランスがおかしいと思い、今ひとつ感情移入出来ませんでした。

しかし主人公や、映画で●●する煉獄杏寿郎の強く優しく前向きな魂には心を揺さぶられました。家族の絆の強さも熱かったです。

惜しいかな画力が・・・と思っていたのですが、テレビアニメ版ではアニメーション制作スタジオが刀剣乱舞の経験を生かしたようで、戦闘シーンは大迫力で美しくもありました。テレビアニメ版で人気沸騰となり、単行本の売れ行きも加速しました。

 

この映画が今年の映画の興行収入一位になるのは間違いなさそうですが、歴代のランキングにどこまで食い込めるか、期待しています。

Banner_13_20201018224401 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

|

« ハマスタ満員実験、健闘を祈る。流行は北から | トップページ | やはり流行は北から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハマスタ満員実験、健闘を祈る。流行は北から | トップページ | やはり流行は北から »