« 日本でインフル4人は少なすぎる | トップページ | 五輪の外国人観光客は相当慎重に »

2020年10月 2日 (金)

インフルワクチン急ぐ必要は全くない

インフルワクチンの予約殺到とのことです。例年接種を受けなかった人たちが希望しているようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/65fb216d5b402af41eb2d2a8747848f1f8222ec8

新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行が懸念される冬を前に、インフルエンザワクチンの接種が1日から始まった。厚生労働省は65歳以上の高齢者への優先接種を促しているが、岐阜県内には接種費用の助成を拡充する自治体もあり、例年より希望者が増えるとみられている。県感染症対策推進課は「基本的に去年と同じ供給量が順次届く。足りなくなるという風評が一番怖い」と冷静な行動を呼び掛けている。

接種時期としては、例年は11月に入ってからが多いです。ワクチンの効果は3か月で切れるというのは真実か分かりませんが、早くに打って3月頃に感染したという話は時々聞きました。本当に効果が切れたのか、ウイルスの型が違ったのかは分かりません。

間違いなさそうなのは、プーの9月24日の記事で、今年はインフル感染者がとても少ないことです。

インフルエンザもコロナも、増加のペースは激しい時でも1週間で2倍程度です。

大流行と言えば、日本国内で同時に3~5%が感染している状況です。

現在の全国で4人だか40人かは分かりませんが、そこから倍々で100万人に達するには、4か月以上かかります。

(1→2→4→・・・→100万まで20週)

あとは外国人に検疫期間を適切に設定する必要がありますが、コロナよりは防ぎやすいです。

 

結論としては、インフルが流行るのは例年より遅くなるので、今すぐ注射する必要はない、ということです。

Banner_13_20200929112801 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 日本でインフル4人は少なすぎる | トップページ | 五輪の外国人観光客は相当慎重に »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本でインフル4人は少なすぎる | トップページ | 五輪の外国人観光客は相当慎重に »