« SF漫画から来たような台風10号 | トップページ | 入場者数制限の緩和を1日も早く »

2020年9月 6日 (日)

コロナ対策で逃げ遅れた人が出たらどうする

台風10号に対する避難所がコロナ対策で収容人員が減って受け入れ中止の避難所が出ています。逃げ遅れて死者が出たらどうするのでしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3056d0cab8519bdf143b6c5ce700fd261df6a81f (Yahoo!JAPANニュース mrt宮崎放送)

台風10号の接近に伴い、多くの住民が避難所で過ごしています。新型コロナウイルスの感染防止の対応もあり、一部の避難所は収容人数を越え、新たな受け入れができなくなっています。

テレビのニュースでは、避難所の収容人数を平時の半分以下にしているそうです。

不要不急のイベントとは違うのです。命に関わる避難です。

しかもマスクさえ着けていれば8割以上は防げると分かっている感染症です。

収容を断られた被災者が死亡したら大問題になります。

 

最近はコロナウイルスに対する知見が蓄積してきましたが、普通の人々にとってはなお怖い存在です。

それが、台風というもう一つの怖い存在とを秤にかけなければならないという究極の選択を迫られた地域の皆様の心労は我々は察することも出来ません。

 

どうか、バランスの取れた対策と、それを後出しじゃんけんで責めることのないように願っています。

Banner_13_20200717132501 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« SF漫画から来たような台風10号 | トップページ | 入場者数制限の緩和を1日も早く »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SF漫画から来たような台風10号 | トップページ | 入場者数制限の緩和を1日も早く »