« お盆の帰省で矛盾とか悪意の報道 | トップページ | 改めてスウェーデンを参考にコロナ対策 »

2020年8月 5日 (水)

イソジンうがいの使用は慎重に

吉村大阪府知事がポピドンヨード入りうがい薬でコロナウイルス減少を発表し、波紋を呼んでいます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/33c662bdf5a04ecd360b297fe21d83127e279d3c (Yahoo!JAPANニュース 読売新聞 最終閲覧日2020年8月5日)

大阪府の吉村洋文知事と大阪市の松井一郎市長は4日、新型コロナウイルス感染者がポビドンヨード入りうがい薬を使用したところ、唾液からウイルスが検出される人が減ったと発表した。感染拡大防止策として、うがい薬でのうがいの励行を求める一方、買い占めをしないよう呼びかけた。感染や重症化を防ぐ効果は確認されておらず、専門家からは疑問の声も上がっている。

 研究した府立病院機構大阪はびきの医療センター(羽曳野市)によると、6~7月、療養中の軽症者41人のうち25人に1日4回、4日間うがい薬でうがいをしてもらった。唾液によるPCR検査で、うがいをしなかったグループの陽性率は初日の68・8%に対し4日目は40%だったが、うがいをしたグループは、56%から9・5%に低下した。

 川村孝・京都大名誉教授(疫学)は、「唾液中のウイルスを減らす効果はあるだろうが、感染の仕組みは複雑だ。今回の研究結果は慎重にとらえるべきだ」と指摘している。

ポピドンヨードがコロナウイルスを死滅させる効果があるのは、実験的には、

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7341475/ (Infect Dis Ther. 2020 Jul 8 : 1–7. )
この論文のように示されていますが、人体での作用は未解明です。

はびきの医療センターの研究でウイルス陽性率が下がったのは、あくまで唾液の話で、うがいで咽頭を綺麗は出来ますが、それより奥の肺などには効果はありません。

今回の結果だけで、コロナが治る、と言うことは出来ません。頻繁にうがいしていれば感染性は下がるかもしれませんが。

むしろこのニュースでパニック的に買ったり使ったり(まさか飲んだり!?)、PCR検査前にうがいして陽性を免れようとする人たちが出ることを危惧します。

医師のコミュニティーサイトでは、本ニュースを聞いて吉村知事の評価を大きく下げた人たちが多いです。

取り消してくれないかな・・・

Banner_13_20200717132501 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« お盆の帰省で矛盾とか悪意の報道 | トップページ | 改めてスウェーデンを参考にコロナ対策 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆の帰省で矛盾とか悪意の報道 | トップページ | 改めてスウェーデンを参考にコロナ対策 »