« コロナの弱毒化と適者生存 | トップページ | 甲子園リモート応援、本当に届けば最高だったが »

2020年8月 9日 (日)

南半球のコロナは脅威

夏の北半球は、スウェーデンは収束しつつあり、日本でも陽性判明者の割に重症者は少なめです。

一方の南半球は厳しいです。以下は死者数のグラフです。

https://www.worldometers.info/coronavirus/#countries  (worldometer 最終閲覧日2020年8月9日)

気温の出典はWikipediaの8月のデータです。

Brazil

ブラジルのサンパウロ市は平均最高気温23.3度、平均最低気温12.8度と、夜は少し寒いです。

人口当たり死亡率でも欧米並みに増えてきました。

South-africa

南アフリカのケープタウン市は平均最高気温17.8度、平均最低気温は7.5度、結構寒いです。

寒いためか増加傾向です。

Australia

オーストラリアのシドニーは平均最高気温17.8度、平均最低気温8.9度、ケープタウン同様寒いです。

数の桁は違いますが、やはり増えています。

 

これらの国の状況を見ると、南半球ではウイルスの毒性が高いように思えます。

日本が、夏のうちに流行らせるのは合理的に思えます。

また、東京オリンピックを行う場合は、北半球南半球どちらでも毒性の弱い、換気可能な春か秋なら良いと思います。

Banner_13_20200809081501 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

|

« コロナの弱毒化と適者生存 | トップページ | 甲子園リモート応援、本当に届けば最高だったが »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナの弱毒化と適者生存 | トップページ | 甲子園リモート応援、本当に届けば最高だったが »