« SEIRモデルでも、コロナ感染者数は8月上旬にピークを付ける | トップページ | コロナにデキサメタゾン。インフルにタミフルより効きそうだ »

2020年7月21日 (火)

GoToトラベルで岩手県1号が出るかどうか

岩手県は新型コロナウイルス感染症の発生が未だ0人です。凄いことだけにプレッシャーも凄いようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c3a2fff3b7e0b016a9496e933f9392807bbb2ea (Yahoo! JAPANニュース 文春オンライン 最終閲覧日2020年7月21日)

日本国内で新型コロナウイルスの感染者が初めて確認されたことを厚労省が発表した1月16日から、半年あまりが経った。唯一の「感染者ゼロ」を維持している都道府県が、岩手県だ(7月20日時点)。5月15日付「THE WALL STREET JOURNAL」では「100万人以上の地域が無傷で残っています」と報じられた。

 その一方で、実際に暮らす人たちは「うちの会社や団体から出したくない」という切実な思いを抱えているという。岩手に住む父親に「そろそろ帰っていいかな」と聞いたところ、「絶対に帰るな」「岩手1号はニュースだけではすまない」との返信があったというツイートも話題を呼んだ。首都圏を中心に感染者数が再び増えるなかで、帰省や旅行についてはどう考えるべきか。岩手県の達増拓也知事に聞いた。

「岩手1号はニュースだけではすまない」というのは深刻です。

感染者は強いバッシングを受けることが予想されます。

達増 なぜ岩手県では感染者ゼロのままであるのか、それゆえのプレッシャーをどう乗り越えようとしているのか。私が記者会見で「(陽性)第1号になっても県はその人を責めません」と話したことも話題にのぼりました。

知事が責めない、と言っても現実は厳しいでしょう。

歴史上、ハンセン病やHIV感染症などはその病原性よりも差別の方が苛酷だったのですから。

 

その中で、感染者第1号となっても比較的ダメージの少ないケースは、何でしょう。

記事のコメントにありましたが、

他の都道府県から持ち込まれて岩手県民に感染した、となれば、

本人が悪いわけではない。

責められるべき余所者は帰ってしまい叩きようがない。

ということで岩手第1号の感染者はそれほど責められないでしょう。

 

岩手県といえども、永遠に感染者ゼロはあり得ません。

比較的マシな感染者の出現は、GoToトラベルによってもたらされるのでしょう。

勿論、医療介護関連に感染が広がっては大変なので、この関連職種の人達は引き続き感染予防に努める必要があるのですが。

Banner_13_20200717132501 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« SEIRモデルでも、コロナ感染者数は8月上旬にピークを付ける | トップページ | コロナにデキサメタゾン。インフルにタミフルより効きそうだ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SEIRモデルでも、コロナ感染者数は8月上旬にピークを付ける | トップページ | コロナにデキサメタゾン。インフルにタミフルより効きそうだ »