« 黒人暴行死事件の暴動に対して、デモ隊と警官が団結 | トップページ | 巨人の2選手に感染の疑いだが »

2020年6月 3日 (水)

小池都知事は夜の街「粛清」宣言してはどうか

昨日の東京都の新規感染者数が34人と増大し、東京アラートが発令されました。東京都は「見回り隊」の結成を検討するとのことです。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200603-00000000-nnn-soci (Yahoo!ニュース 日テレNEWS24 最終閲覧日2020年6月3日)

2日夜、「東京アラート」を発動した東京都は、夜の歓楽街での感染が増えていることを受け、対策として、警視庁と協力し、夜の歓楽街の「見回り隊」を結成することを検討しています。

もはや新撰組・見廻組という世界観ですが、このクラスターを潰すには仕方ないのでしょうか。

 

東京アラートに関する小池都知事の発表です。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200602-00000073-ann-soci (Yahoo!ニュース テレ朝news 最終閲覧日2020年6月3日)

小池知事:「2日の感染者数は34人。30人を上回るのは先月14日以来。病院の集団感染があるとはいえ、警戒すべき数字。また、週単位の陽性者増加比も高い水準で推移している。この一定の割合の人が“夜の街”関連とみられる。その約半数が新宿エリアにおける飲食、接客業関係者が占めている。こうした状況を受け、東京都新型コロナウイルス感染症対策審議会の委員の意見を踏まえて『東京アラート』を発動する」

もとより医療・介護関連のクラスター発生はケアに密が不可避である以上一定程度避けられません。

一方で”夜の街”は、生活に絶対必要ではないと思いますが、本人達は生きるために営業するしかないのでしょう。

 

出来るだけ感染の機会を減らしながら営業して欲しいです。

最も避けなければならないのは、夜の街のスタッフ・客からの医療介護従事者への感染です。夜の街の中だけの感染なら自己責任で済みますが、介護施設に侵入されると、その施設は破綻し、数件の病院の病床が塞がり、スタッフは疲弊し、二桁に上る死者が出てしまいます。

夜の街の人々にはそういう危機感を持ってもらいたいです。

 

見回りは必要なのでしょう。

しかしアメリカのデモと暴動もそうですが、破壊と鎮圧の悪循環するのではなく、対話しながらの見回りであってほしいです。

 

でもまずは一声、最初は脅しを込めて、

「粛清します」

って言って欲しいです。

Banner_13_20200602102301 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 黒人暴行死事件の暴動に対して、デモ隊と警官が団結 | トップページ | 巨人の2選手に感染の疑いだが »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒人暴行死事件の暴動に対して、デモ隊と警官が団結 | トップページ | 巨人の2選手に感染の疑いだが »