« 東京アラート解除。都のモニタリング指標にも欠点あり | トップページ | コロナ患者は早期退院へ »

2020年6月12日 (金)

シアトルに自治区とは、米中の本気の喧嘩だ

ミネソタ州の事件の抗議のデモ隊が「自治区」宣言だそうです。中国の手先でないはずがありません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9c276a1117b243551f7edf45005ecc7f1b3fd8a  (Yahoo!ニュース 共同通信 最終閲覧日2020年6月12日)

【ロサンゼルス共同】米中西部ミネソタ州での白人警官による黒人男性暴行死事件への抗議デモに絡み、西部ワシントン州シアトルでデモ隊が警察管区の建物周辺を占拠し「自治区」を設置したと主張している。インズリー州知事は11日、大きな混乱はなく「平和的解決策が見つかると期待している」と強調。トランプ大統領は対応を非難し介入も辞さない姿勢で強硬な対応を迫っている。

中国の意図は分かりやすいです。

この「デモ隊」をトランプが軍隊で鎮圧したら、

「アメリカは一国二制度を否定した。うちもやって構わない」

と言って、中国は香港に軍隊を派遣します。

 

トランプはこの「デモ隊」を非難し脅すことは出来ても、実際に派兵はできないでしょう。

中国恐るべしです。

 

問題は、現地の指揮官がしっかりしているかどうか。

プーがCIA局員だったら、「デモ隊」の内ゲバを誘うよう工作します。

「二虎競食の計」、既に着手しているのではないかと思いますが。

Banner_13_20200612193801 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

|

« 東京アラート解除。都のモニタリング指標にも欠点あり | トップページ | コロナ患者は早期退院へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京アラート解除。都のモニタリング指標にも欠点あり | トップページ | コロナ患者は早期退院へ »