« WHOのテドロスが東京五輪とのバーターに求めるものと落としどころ | トップページ | コロナ禍で経営悪化の医療機関を助けてほしい »

2020年5月18日 (月)

マスクの価格下落は1週間遅れて目標達成

マスクが手に入りやすくなりました。プーの予想より1週間遅れです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200518-00010011-nishinpc-bus_all (Yahoo!ニュース 西日本新聞 最終閲覧日2020年5月18日)

新型コロナウイルスの感染拡大により一時は品薄となった不織布マスクだが、供給が追い付かないドラッグストアや量販店の一方で、衣料品店や飲食店など「異業種」の店頭で大量陳列されるケースが目立ってきた。中国からの輸入が増えた影響で、価格競争は激しさを増している。

相変わらずドラッグストアでは品薄ですが、コロナ禍以前の値段でしか売ることの出来ないドラッグストアよりも、時価で売れる雑貨店や、中華料理店など中国と繋がりのある店には出回っています。

アベノマスクは遂に届きませんでしたが、我々は、洗って再利用できる布製マスクで防衛しました。

 

相場は、一旦安くなり出すと貯め込んでいた勢力が吐き出すので急激に下落します。

それでも、プーの予想より時間が掛かりました。

欧州はかなり流行が落ち着いてきましたが、一方でロシア、ブラジル、インドなど、今も感染拡大が続いている国々もあるためだと考えます。

 

プーは5月1日(金)に、連休明けの1枚30円を予想しました。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-fa3be0.html

ちょっと無理のある予想でしたが、1週間遅れて実現しました。

 

日本は一息つける状況になりました。

緊急事態宣言解除による感染者の増加と、季節要因による減少を秤に掛けながら、

人の動きを調節していきたいです。

 

Banner_13_20200518171501 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« WHOのテドロスが東京五輪とのバーターに求めるものと落としどころ | トップページ | コロナ禍で経営悪化の医療機関を助けてほしい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WHOのテドロスが東京五輪とのバーターに求めるものと落としどころ | トップページ | コロナ禍で経営悪化の医療機関を助けてほしい »