« マスクの価格下落は1週間遅れて目標達成 | トップページ | 台湾と手を携えて戦おう »

2020年5月19日 (火)

コロナ禍で経営悪化の医療機関を助けてほしい

新型コロナウイルス感染症により、医療機関の収支が大きく悪化しています。国による支援を要望します。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20200518-00000052-jnn-soci (Yahoo!ニュース TBSニュース 最終閲覧日2020年5月19日)

 新型コロナウイルスの患者を受け入れた病院ほど経営が悪化していることが医療機関で作る団体の調査で分かりました。

 調査は全日本病院協会など3つの団体が行い、1049の病院から回答を得ました。それによりますと、先月(4月)の利益率は去年の4月と比べると平均でマイナス10%と大きく落ち込みました。

 特に新型コロナウイルスに感染した患者を受け入れた269の病院はマイナス12.2%とさらに大きな落ち込みとなっています。

 「(利益率が)2桁のマイナスとなると、給料も出せない、ボーナスも出せない」(全日本病院協会 猪口雄二会長)

新型コロナウイルス感染症が流行してからというもの、マスクや消毒液や個人防護具の使用が急激に増加し、需要の急拡大により調達コストも大きく上昇しました。減収要因としては、コロナウイルス感染症患者受け入れのための空きベッドの用意、不要不急の手術の延期、他疾患患者の受診手控え、施設によっては診療休止などが挙げられます。

 

元々、診療報酬体系はギリギリ黒字に設定されています。

https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/000571267.pdf (健康組合連合会 最終閲覧日2020年5月19日)

一般病院全体は-1.6%の赤字であるが、国公立を除くと1.5%の黒字となる(H30年度加重平均)

これがマイナス10%となると、極めて厳しいです。

医療業界は人件費率が約半分を占めます。

物品のコストが不変だとしても、全体がマイナス10%なら、人件費はマイナス20%です。

従業員を解雇しなければボーナスをゼロにするしかありません。

医療の持続を目指すならば、緊急支援が必要です。

 

差し当たり、手術の延期や受診手控えによって浮いた分の診療報酬は、すぐに配ってほしいと思います。

Banner_13_20200519185201 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« マスクの価格下落は1週間遅れて目標達成 | トップページ | 台湾と手を携えて戦おう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ここは緊急ですね。
他の何よりも優先して貰わないといけません。
今一番危険と隣り合わせで一番頑張って下さっている方々には正当な報酬を貰って欲しいです。
赤字国債発行による各種支援金発動には僕は慎重派ですが、ここはそうも言ってられないと思います。

投稿: ちゃんちゃん | 2020年5月20日 (水) 21時24分

ありがとうございます。

ボーナスがないだけならこのご時世では普通かもしれませんが、
現場の人達が辞めない・感染しない対策の費用だけは緊急に必要ですね。

投稿: プー | 2020年5月20日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクの価格下落は1週間遅れて目標達成 | トップページ | 台湾と手を携えて戦おう »