« コロナ感染の最大の指標は味覚・嗅覚障害 | トップページ | 東京都の感染者数に見るコロナ流行の季節変動 »

2020年5月23日 (土)

ブラジル・サンパウロは世界最大のコロナ流行地になる

ロックダウンを行っていないブラジルで新型コロナウイルス感染症が急速に拡大しています。最大都市のサンパウロは世界一死者の多い都市になりそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200523/k10012442181000.html (NHKニュース 最終閲覧日2020年5月23日)

南米ブラジルでは新型コロナウイルスにより1日に1000人以上の人が亡くなるなど、貧困地区を中心に急速に感染が拡大していて、最大都市サンパウロでは埋葬が追いつかない状況となっています。

ブラジルには貧しい人たちが都市部などの公有地を不法占拠する形で暮らす、「ファベーラ」と呼ばれる地区が各地に点在していて、衛生環境が悪く、狭い住宅に密集して生活するこうした地区の住民を中心に、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しています。

22日の時点で感染者は33万人に達し、1日に1000人以上が亡くなっていて、死亡した人は2万人を超えています。

ブラジル最大の都市であるサンパウロは、Wikipedia(最終閲覧日2020年5月23日)によれば、人口約1200万人、南半球では最大の人口を擁する大都市です。

サンパウロには「ファベーラ」という貧民街があり、治安は非常に悪いです。

先進国のようにロックダウンしたら暴動は必至なので、規制はしていないそうです。

 

南半球ということは、これから冬になり、低温・乾燥という感染症一般の流行しやすい時期に突入します。

Photo_20200523215101

(Wikipedia サンパウロ 最終閲覧日2020年5月23日)

標高800m、南緯23度だと南回帰線上、温帯湿潤気候ですが6~8月が寒くて乾燥です。

すなわち、これからさらに感染が拡大しやすい季節になるのです。

 

ロックダウンは流行初期に行わないと効果はありません。

すなわち、もう後戻りは出来ません。

世界で唯一の南半球の流行放置国がどういう結末に至るか、注目です。

Banner_13_20200519185201 よろしかったら応援クリックよろしくお願いします。

 

|

« コロナ感染の最大の指標は味覚・嗅覚障害 | トップページ | 東京都の感染者数に見るコロナ流行の季節変動 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ感染の最大の指標は味覚・嗅覚障害 | トップページ | 東京都の感染者数に見るコロナ流行の季節変動 »