« 接触減少、8割より5割の方が良い | トップページ | ハイジの国の方がピークアウトは早かった。あとは出口戦略の問題。 »

2020年4月10日 (金)

ドイツの医療は世界一ィィィ!

ドイツでの流行が終息に向かっています。

シュトロハイム閣下もお喜びでしょう。

Photo_20200410224201

新型コロナウイルス感染症に真っ向勝負を挑んで勝利が見えてきた世界初の国です。

経済力や医療制度、準備期間などでアドバンテージのある国でしたが、1国でも模範となる国が現れると心強いです。

こちらの元データを元にグラフを作りました。

https://www.worldometers.info/coronavirus/country/germany/

(worldmeters 最終閲覧日2020年4月10日)

Photo_20200410224301

SEIRモデルの通り、新規感染者数が減り始めてから治療中の患者数も減ってきます。その間隔は10日くらいでしょうか?

イタリアが一番早いと思ったのですが、最近は検査を絞っているという話も聞きました。

ガチンコ勝負を貫き通したのはドイツが唯一かもしれません。

 

ドイツが勝利すると、他の国も遠からず後に続きます。

日本の流行ピークはこれからでしょうけれど、色々な物資も余ってくると思います。

人類はコロナウイルスを乗り越えます。

 

Banner_13_20200410224401 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

 

|

« 接触減少、8割より5割の方が良い | トップページ | ハイジの国の方がピークアウトは早かった。あとは出口戦略の問題。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

僕は悲観的な記事を書きましたが、ドイツが収束するようなら、日本にも光明が見えますね。
是非僕の想像が外れてくれることを期待したいです。

ところでこのキャラってシュトロハイムでしたっけ?
結構良いキャラでしたねー(笑)

投稿: ちゃんちゃん | 2020年4月10日 (金) 23時33分

ありがとうございます。

この人はとても個性的でした。
彼のように前向きでありたいと思います。

投稿: プー | 2020年4月11日 (土) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 接触減少、8割より5割の方が良い | トップページ | ハイジの国の方がピークアウトは早かった。あとは出口戦略の問題。 »