« 春から夏に掛けて、昼間の外は規制緩和すべきだ | トップページ | アビガンの国内使用は早計 »

2020年4月29日 (水)

帰る場所がないコロナ感染高齢者

新型コロナウイルスは、要介護高齢者施設を滅ぼす勢いです。施設で1人でも出たら感染拡大は必至であり、コロナ対策の重大な課題です。
北海道千歳市のサービス付き高齢者向け住宅で、新型コロナウイルスの感染拡大により介護職員が4分の1以下に減り、介助が十分にできなくなっていることが施設側への取材でわかった
高齢者施設では、生活の世話のために濃厚接触が不可欠です。十分な感染防御の準備もできないため、1人発生すれば大流行してしまいます。
結果、施設は閉鎖し、入居者は全員病院送りという事態に陥り、医療崩壊にもつながります。
その高齢者が治癒した後も問題です。
本来は元いた施設に帰るのが一番安全です。
なぜなら、入居者もスタッフも殆ど免疫を有しているからです。

しかし、その施設がもう無くなっていたり、入居者家族が戻りたくないと言うようだと大変です。
コロナに感染したところに戻したくない、という家族の気持ちは分かりますが、余程酷い扱いを受けていない限り、本人は慣れ親しんだ入居者・スタッフのいるところに戻りたいに決まっています。
入院生活は高齢者にとっては、個人防護具を着用した医療従事者による治療など、宇宙人に誘拐されて人体実験されているようにしか思えないでしょう。
ではどこか別の行先か、と言っても、1人感染者が出ただけで存亡の危機に立たされる高齢者施設が、ウイルス消失の証明困難な高齢者を受け入れたいはずがありません
そうならないようにするには、感染者が発生した施設、出来れば予防のためにも金銭・資材で支援できるようにしたいです。

|

« 春から夏に掛けて、昼間の外は規制緩和すべきだ | トップページ | アビガンの国内使用は早計 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

重要なご指摘だと思います。これは、ほかであまり取り沙汰されていないのではないでしょうか。

投稿: ふゆみ | 2020年4月29日 (水) 23時04分

ありがとうございます。

政治家や(偉い)医者目線だと気づかないことなのかもしれません。
しかし1施設でれば数十人へと感染者が爆発します。
しかしそこまで医療資源が回っていないと思われ、難しいです。

投稿: プー | 2020年4月30日 (木) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春から夏に掛けて、昼間の外は規制緩和すべきだ | トップページ | アビガンの国内使用は早計 »