« イタリアの夜明けは近い。マスクもじきに手に入る。 | トップページ | 接触減少、8割より5割の方が良い »

2020年4月 7日 (火)

安倍首相の、接触機会を最低7割、極力8割削減、の意味

安倍首相が緊急事態宣言を発令しました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040700895&g=pol (時事ドットコム 最終閲覧日2020年4月7日)

その中で、

「人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減できれば、2週間後に感染者増加を減少に転じさせることができる」

と言いました。どういうことでしょう。

 

病原体には感染力を表す「基本再生産数」があります。1人の感染者が何人に感染させるかを表す数字です。

インフルエンザは2、麻疹は16程度と言われています。

それに対して新型コロナウイルスが完全に分かっているわけではありませんが、

この文から、日本の専門家がどれほどと見積もっているかを読み取ることが出来ます。

 

結論から言うと、3.3から5の間、と理解出来ます。

 

基本再生産数に対して、

(基本再生産数 - 実効再生産数)/基本再生産数 = 集団免疫率

の等式が成り立ちます。

基本再生産数が5の場合、実効再生産数の目標を1(またはそれ以下)とすると、集団免疫率を4/5とする必要があります。

ワクチンがないのに8割の人が免疫を持つということは、8割の人が感染する、ということになります。

欧米でそれが進行中ですが、医療崩壊で多数の死者が出ています。

 

それを防ぐために我々はどうするか。

首相が言っています。

(集団免疫率を上げる代わりに)人との接触を8割減らすのです。

 

思い浮かべてください。

あなたは、1週間で何人に唾を掛けましたか?

 

唾を掛けたから必ず感染させるとは限りません。

いや、せいぜい数%です。

仮に5%とします。

もし感染しているあなたが1週間に100人に唾を掛けたとしたら、そのうちの5人に感染します。

世の中で平均的にそれが起こったら、感染は爆発的に拡大します。

逆に、20人以下に抑えられたら、感染相手は1人以下なので、感染は次第に終息します。

 

そういう国を目指そう、と安倍首相は言っているのです。

その意図を正しく理解して感染を防ぎましょう。

 

Banner_13_20200407224801 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

 

 

 

|

« イタリアの夜明けは近い。マスクもじきに手に入る。 | トップページ | 接触減少、8割より5割の方が良い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアの夜明けは近い。マスクもじきに手に入る。 | トップページ | 接触減少、8割より5割の方が良い »