« 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? | トップページ | 安倍首相の、接触機会を最低7割、極力8割削減、の意味 »

2020年4月 3日 (金)

イタリアの夜明けは近い。マスクもじきに手に入る。

新型コロナウイルス感染症の世界の感染者が100万人を突破したとの報道ですが、その数字に意味はありません。

そんなことより、欧州で最初に流行し始めたイタリアでは終息しつつある、ということを示します。

 

感染症の流行モデルであるSEIRモデルが示すとおり、感染症は無限に流行するわけではなく、いくつかのポイントを経て終息に向かいます。

Seir_20200403224201

流行の当初は、病原体の持つ基本再生算数に応じて感染者は指数関数的に増大します。

あるいは、検査拡充による捕捉増加、検査・医療機関での感染拡大、外国からの流入により過剰に増大します。

その後、

① 感染者の増大が緩やかになり始める。

② 新規感染者数が減少に転じる。

③ 退院者数(軽快+死亡)が新規感染者数を上回る。

④ 軽快退院者数が新規感染者数を上回る。

という過程を経て終息に向かいます。

日本では①に差し掛かったかどうかという段階です。

 

一方でイタリアの感染者・新規感染者・現在の感染者は、以下のグラフになります。

Photo_20200403224801

感染者は依然増え続けていますが新規感染者数が減っているのは確実ではないでしょうか。

他の欧州諸国も数日~10日遅れで続きます。

死者はまだ増えるでしょうが、④まで来ればだいぶ気持ちが楽になってきます。

 

イタリアと欧州の夜明けはもうすぐです。

するとマスクや消毒を買い占めている輩は手放さなければならなくなります。

プーは2週間のうちにマスクが買えるようになると予想します。

当たるでしょうか?

Banner_13_20200403225401 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? | トップページ | 安倍首相の、接触機会を最低7割、極力8割削減、の意味 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? | トップページ | 安倍首相の、接触機会を最低7割、極力8割削減、の意味 »