« 東京の感染拡大は緩やかになってきているが、検査拡大は問題 | トップページ | 日本の新規感染者数が減っていることを忘れないでほしい »

2020年4月23日 (木)

慶応義塾大学病院で一般患者の6パーセントがコロナ感染だそうだ

転んでもただでは起きない慶応義塾大学病院、面白いデータを提供しました。かねてより医療関係者の間では、現在判明している感染者よりも実際には遥かに多い感染者が存在するのだと言われています。ではどれくらいなのでしょうか。

http://www.hosp.keio.ac.jp/oshirase/important/detail/40171/ 慶応義塾大学病院HP 最終閲覧日2020年4月23日

4月13日から4月19日の期間に行われた術前および入院前PCR検査において、新型コロナウイルス感染症以外の治療を目的とした無症状の患者さんのうち5.97%の陽性者(4人/67人中)が確認されました。これは院外・市中で感染したものと考えられ、地域での感染の状況を反映している可能性があり、感染防止にむけてさらなる策を講じていく必要があると考えております。

要するに、4月13~19日の「普通の東京都民」の6%が感染者ということです。

良いニュースだと思います。

 

新型コロナウイルス感染症の感染期間は一応7日間程度と言われているので、調査期間の前1週間の東京都の感染者が該当すると思われます。

Photo_20200423215301

赤枠の部分が該当しますが、それが約700人。

一方で、現在判明している東京都の累計感染者数は3500人程度です。

単純に計算して東京都民は、慶応義塾大学病院で判明した6%の5倍である30%が既感染ということになります。その多くは免疫を持っていると考えられます。免疫保有者は流行を防ぐ壁として機能します。半分の人が免疫を持てば、コロナといえども大したことのない感染症になります。

 

惜しむらくは、現在行われているPCR検査では現在の感染しか確認できないことです。

これで抗体検査が出来ればもっと既感染の人が分かるのですが、東京都が検査を計画中とか。

正確な検査だと良いのですが。

 

Banner_13_20200423215801 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 東京の感染拡大は緩やかになってきているが、検査拡大は問題 | トップページ | 日本の新規感染者数が減っていることを忘れないでほしい »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京の感染拡大は緩やかになってきているが、検査拡大は問題 | トップページ | 日本の新規感染者数が減っていることを忘れないでほしい »