« 原油相場が空前絶後のマイナスに。 | トップページ | 慶応義塾大学病院で一般患者の6パーセントがコロナ感染だそうだ »

2020年4月22日 (水)

東京の感染拡大は緩やかになってきているが、検査拡大は問題

今日もニュースでは「感染が拡大しています」で始まったのかな? テレビを見ると憂鬱になるという人が多いです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200422/k10012400581000.html

東京都は22日、都内で新たに132人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表し、これで都内で感染が確認された人は合わせて3439人になりました。一方、新たに死亡が確認された感染者はいませんでした。

試しに毎日、新たな感染者数を調べてみると良いです。

こちらがグラフです。新たな感染者数はピークアウトしている印象です。

20200422

プーが4月3日にアップした記事のSEIRモデルでは、②を通過したことになります。

Seir_20200403224201_20200422222401

4月3日時点では、結果的に①にも到達していませんでした。

じきに③、現在の患者数もピークアウトすると思ったのですが。

 

しかし、検査拡大のニュースです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200422-00000106-jij-soci

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都千代田区は22日、PCR検査の検体採取を専門に行う仮設診療所を報道陣に公開した。
  24日に稼働を開始する予定で、採取件数を従来の3倍に増やせるという。

検査の方法が変わらない限り、サンプル数が少なくても得られたデータは容易に比較できて、流行状況を推測できます。

しかし検査手法を変えれば、流行の状況が分からなくなります。

個人の感染の有無を知りたいという要求をかなえるために、集団の免疫状態が分からなくなるという、合成の誤謬です。

 

こんなことをやっていては、見かけの感染者数が増えてみんなが不安になって、自粛期間が延びてしまうのです。

Banner_13_20200422223001 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

|

« 原油相場が空前絶後のマイナスに。 | トップページ | 慶応義塾大学病院で一般患者の6パーセントがコロナ感染だそうだ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原油相場が空前絶後のマイナスに。 | トップページ | 慶応義塾大学病院で一般患者の6パーセントがコロナ感染だそうだ »