« 新型コロナウイルス、イタリアでの終息は近い | トップページ | 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? »

2020年3月28日 (土)

新型コロナウイルス感染拡大。交通整理が肝要

今になって感染拡大、落胆します。

しかし対応さえ誤らなければ大事には至りません。

キーワードは「交通整理」です。

今のテレビは横文字ばっかりでうんざりです。今後テレビで専門家が使ってくれると良いのですが。

 

交通整理のポイントは2つです。

治療と検査です。

 

治療のポイントは、軽症者と重症者を区分け分けることで医療機関の余計な負担を減らすことです。

軽症者を重症者に対応できる病床に入院させるのは医療資源の無駄遣いで、後から発症した重症者を治療できなくなります。

患者の療養場所の線引きは地域や患者事情によりますが、軽症者から順に、

自宅、軽症者向け施設、一般病床、感染症病床、ICU となります。

必要によって軽症者向け施設を整備することで、医療資源への負荷を最小限に抑えることが出来ます。

 

そして検査です。

検査を受けるために発熱者が医療機関などに殺到すると、そこで感染が拡大してしまいます。

検査待ちのの人が100人いて、99人が感染していなかったとしても、その中に1人でも感染者がいれば多くの人にうつってしまいます。

検査のキャパシティを増やした国々が感染拡大を招いたのは、このためです。

あるいは、感染者が病院の普通の出入り口から受診しても、多くの人に感染させてしまいます。

やはり、不安な人は「新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター」に相談して指示に従わなければなりません。

 

これら2点の交通整理が出来ていれば例え感染が拡大しても大事には至りません。

世界では、ドイツは感染拡大を許しながら今でも死亡率1%未満を維持しています。

日本だって、交通整理を間違えなければ同じようにやれるはずです。

 

Banner_13_20200328220501 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 新型コロナウイルス、イタリアでの終息は近い | トップページ | 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

一言一句、心に響きながらうなづいています。交通整理に尽きますよね…。
停止線を守ったら死ぬ死ぬと煽る人達に行政がギブアップしない事を全力で祈ります。

投稿: ふゆみ | 2020年3月28日 (土) 23時35分

ふゆみさん
ありがとうございます。

停止線が破られたら一気に負の連鎖に陥ってしまいますね。
何とか持ちこたえて欲しいものです。

投稿: プー | 2020年3月29日 (日) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルス、イタリアでの終息は近い | トップページ | 重症者全員が人工呼吸器を装着するという想定? »