« 日本と韓国、新型コロナウイルス感染症の流行転換か | トップページ | センバツの代替開催を考える »

2020年3月10日 (火)

習近平、武漢入り。新型コロナ肺炎の終息宣言へ

中国の習近平国家主席は10日午前、湖北省武漢市に入った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000062-jij-cn

習近平が武漢入り、ということは、武漢は安全と言うことです。1月27日の大流行の一番苦しいときに李克強に行かせて、最後のおいしいところを持って行くつもりです。

武漢市は、1月23日に封鎖が開始され、2月24日に市当局が封鎖の一部緩和を通知しましたが、数時間後に撤回しました。その時点では既に新規感染者数はピークアウトしており、プーとしては封鎖緩和して差し支えないと思っていました。

なぜ? と思いましたが、その答えが今回のニュースです。

武漢市は、習近平の政治的ショーアップのために2週間も余計に待たされたのです。

 

日本はどうでしょう。

新規感染者数はピークアウトしているのに、イベント自粛が10日延長となりました。

せめて、危険な興業の例を示すべきでした。

換気の悪い狭い空間に大人数、というのが大きな感染要因です。

アウトドアなら、感染リスクは低いはずです。

オリンピックを是が非でも開催させるために大事を取り過ぎていると思いました。

日本国民が政治利用されているとなれば、残念なことです。

 

と思ったら、大阪で新たなクラスター爆発のニュースがありました。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6353686 (2020年3月10日 22:26)

これを知っての自粛延長なのだな、と分かりました。

 

Banner_13_20200310225101 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 日本と韓国、新型コロナウイルス感染症の流行転換か | トップページ | センバツの代替開催を考える »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本と韓国、新型コロナウイルス感染症の流行転換か | トップページ | センバツの代替開催を考える »