« 習近平、武漢入り。新型コロナ肺炎の終息宣言へ | トップページ | 安倍首相の会見に期待すること »

2020年3月12日 (木)

センバツの代替開催を考える

第92回選抜高校野球は、新型コロナウイルスにより中止となりました。

無観客なら良いではないか、と思っていましたが、世の中の雰囲気と、宿泊施設での感染拡大への危惧により中止という決定になりました。

 

高野連は「球児に甲子園の土を踏ませてやりたい」

江川氏は春夏合同プランを提案しました。

しかしそれも選手や高校・主催者の負担が大きいのではないかと思います。

 

勝利より思い出重視のプーが、選抜の代替案を考えます。

・流行が落ち着いた時期に、32校で各1試合、合計16試合を行う。試合日程は4日間。連続でも土日2回でも可。

・9回で終了、同点なら引き分け。

・対戦カードはマッチング方式(各校で対戦希望相手を順位付けして提出し、突き合わせて上位から決定)

 

どうでしょうか。あくまで思い出重視です。勝利を目指すなら夏に賭けてください。以下、利点を挙げます。

勝利のメリットが無いので、多くの選手を代打や継投で出場させることが出来ます。

夏に賭ける高校は、ベンチ外3年生を出場させて貴重な思い出を作ることが出来ます。

対戦カードは、実力が拮抗した好試合が期待できます。

高校は長期宿泊の負担が軽減されます。

 

優勝を目指す強豪以外にとっては、悪くない案だと思うのですが。

本音は、折角わが県から2校出場になるのに気の毒だ、なのですがね・・・

Banner_13_20200312223801 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

 

 

|

« 習近平、武漢入り。新型コロナ肺炎の終息宣言へ | トップページ | 安倍首相の会見に期待すること »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 習近平、武漢入り。新型コロナ肺炎の終息宣言へ | トップページ | 安倍首相の会見に期待すること »