« ハンセン病の元患者家族と弁護団 | トップページ | 2020年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2019年7月21日 (日)

桐生までのワンウェイは苦しかった

今年は梅雨が長引いていて、今日も昼間にロングランが出来ました。
雲が厚く日光が当たらなそうなので珍しく東へ。思いついたゴールが、娘の通学する高校です。
桐生駅までは28kmです。4時間あればコンビニ休憩含めても余裕と思って出発しました。
こちらはニューイヤー駅伝でアンカー区間に入る西久保町中継所です。五叉路なので通勤時間帯はいつも渋滞しています。

Dsc_00031

この頃までは余裕と思っていました。
保険で一つ前の駅も検討していましたが、行けると思って目標まで突撃しました。
最後は時間との勝負でした。電車一本逃せば次は1時間後。駅前にはリラクゼーション&時間調整が出来る銭湯はおろかコンビニすらありません。結構必死で走り、急いで電車に乗りました。これは明日の筋肉痛が酷そうです。
娘の高校を見に行く余裕も当然ありませんでした。

このコースは没です。
計画通りではありましたが、一つ間違えれば駅前で途方に暮れることになります。
やはり銭湯のある駅が良いですね。

Banner_13_20190721223201 よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« ハンセン病の元患者家族と弁護団 | トップページ | 2020年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

電車が少ないのは困りますね。
この時期のワンウェイはゴールに銭湯かランステは欲しいところです。
駅から遠いスーパー銭湯がゴールの場合、送迎バスが有るかどうかもポイントですね。

投稿: ちゃんちゃん | 2019年7月27日 (土) 07時56分

ありがとうございます。

勢いで行き先を決めてしまいましたが、仰るとおり反省ばかりです。
結局そのせいか、風邪を引いてしまいました。

この経験を生かして楽しい走りを追究したいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: プー | 2019年7月27日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンセン病の元患者家族と弁護団 | トップページ | 2020年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »