« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

ストレス解消にLSD(ランニングです)

めっきり更新頻度が下がってしまいました。

4月に転勤となってから仕事が忙しくて前のようには走れませんが、今日は少し時間が取れたのでゆっくり2時間走ってきました。

16kmを2時間だから8km/h、気分は爽快で、疲れは全く残っていません。但し少し寒かったです。

この年で新しい仕事を覚えるのは結構ストレスが多いですが、個人的な資質としてストレス耐性が弱いような気がしています。

そんな時にランニングすると、脳内麻薬が出て気分爽快になります。ええ、こっちは合法です。 スピードを上げて怪我しては元も子もありません。

仕事に慣れるまでは大会を意識せずにLSDやファンランでストレス解消していきたいと思います。

Photo

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月16日 (土)

ああ熊本城

犠牲者に哀悼の意を表します。早く余震が収まって被災者の皆さんが元の生活を送れることを願っています。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/04/15/0008992610.shtml

熊本地震で熊本市の中心にある熊本城も甚大な被害を受けた。天守閣にあったしゃちほこ2つが失われ、重要文化財である長塀が約100メートルにわたって倒壊、石垣が崩落するなどした。外国人観光客も多く訪れるなど熊本のシンボルで、3月19日にはNHK「ブラタモリ」で特集されたばかり。ネット上では、「『ブラタモリ』が被災前の貴重な姿を残す形に…」などとショックを受けた多数の声とともに、再放送を願う声もあがっている。

「やりすぎ城」熊本城も崩れたとは、今回の地震の激しさよ。

「ブラタモリ」、たまたま見ていました。マラソン大会の前泊の宿で、でした。
興奮して眠れなかったのか、後付けながら、変な予感がしたのか。

「熊本城の抜け道は大丈夫だろうか?」「空中便所は大丈夫だったのか?」

とのコメント、うーん、ダメなんじゃないかな・・・

個人的には、数々の櫓、迷路と銃眼、(鬼)島津の侵攻に備えた城下町も気に入っていたのですが。

西南戦争では西郷隆盛に「ワシは清正公に負けた」と嘆かせた名城も、自然の驚異を前に、無力とは言いませんが敗れてしまいました。

今は仕方ありませんが、おそらくこの先、修復されて熊本復興のシンボルになることでしょう。
でも、今すぐではありません。
ボランティアは控えて、だそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000582-san-soci
今は災害救助のプロに任せて、余震が落ち着いたら応援しましょう。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月10日 (日)

上海ディズニーランド6月16日開園

延期されていた上海ディズニーランドのXデーが明らかになりました。自分としては、静観しつつ、無事生還を祈ります。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-132845/1.htm

2016年4月7日、中国江蘇網によると、上海ディズニーランドのチケットが、ネットショップで定価の10倍で販売されている。

「ダフ屋」という言葉を初めて聞いたのは小学校中学年の頃だったでしょうか。
町内会で後楽園球場の巨人戦観戦ツアーの時に添乗員さんから聞きました。当日券を買えずに球場前で途方に暮れているファンに声を掛けて、定価の2-3倍で買わせるあくどい人がいるのだとか。
これが「中国の」「ディズニーランド」「初日」となると桁違いになるという・・・

その概要ですが、世界の従来の5つのディズニーランド(アナハイム、オーランド、東京、パリ、香港)と比べて広さで3番目、料金は突出して「安い」東京以外と同等、アトラクションはいくつか新しいものもあり。
http://tdrnavi.jp/tour/sdl/
ブランドホテルは2件ありますが、パークから離れています。予定図ではパークに隣接する場所にホテル用地があるので、これが将来ミラコスタ的なものになると予想します。

と、ここまでなら一度入ってみたいと思わせますが・・・

実際開業したらゲストは9割方中国人です。
香港ディズニーランドでもゲストのマナーの悪さが目立ち、近年では赤字に転落しています。
言葉が通じない中で押し合いへし合いするのは、想像しただけでも恐怖です。

香港は客を取られて経営がさらに悪化しそうですが、キャラグリだけなら天国だそうです。
東京だって「フリー」グリは修羅場だというのに。
うちはこのグループとこのカップルとこの家族の次に来たから、彼等のグリは黙って待とう。だがそれ以外の横入りは断固ブロックだ! とか睨み付けるのは凄く疲れます。
かつて自分はアンパンマンミュージアムで、「車がかりグリ」を見て感心しました。
http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-7597.html
整列グリを丸めただけかもしれませんが、「ああ、秩序は美しい。自由なんてカオスなだけだ」と感嘆したものです。
上海でそんな芸当は、ハッキリ言って不可能です。

あと、東京ディズニーリゾートへの影響ですが。
日本国政府が「インバウンド」を提唱しているのに、TDRへの外国人ゲストの割合は2014年で5.0%と少ないです。最近はもっと増えているかもしれませんが。むしろUSJの方が多いですが、それでも1割以下とのことです。
その割に中国人客は目立つ、と思うのは、彼等の大声とマナーの悪さゆえです。

結局、良くも悪くも、大勢にに影響は無い、というのが自分の予想です。
中国の中間所得層がゲストの大部分を占めるだろうし、製造業の低迷する中国経済の中で旅行関係で内需拡大を図るのは国策としても上策です。

オフィシャルの物販は、TDRでも既にMADE IN CHINAが殆どを占める現状で、半分くらいSDL(上海DL)に流れたら一時的にぬいぐるみ系統がTDRで品薄になるかもしれない、という影響はあるでしょうが、それを見越してか、今年新たなキャラクタの登場はありません。ジェラトーニがダッフィーの友達として2014年6月に発表されましたが、そのラインを一部流用すれば良いのでしょう。うーん、賢い。

問題は、その周辺に出没するであろうパチモンです。
http://rocketnews24.com/2016/01/13/693429/
こんな感じの商品が大挙して出回るのは確実です。
当局はどれ程の匙加減で規制するでしょうか。
公式アイテムは、米ディズニー社へのロイヤリティーが発生します。TDRではチケット10%、物販5%です。
パチモンにロイヤリティーは発生しないので、国益に資するまたは共産党幹部への賄賂次第ではお目こぼしが十分に有り得ます。

「パナマ文書」で中国共産党の汚職も明らかになってしまいましたが、本国ではブロックされているとか。
まあ歴史的に、第二次産業で発展した国が第三次産業に転換していくのは不可避の流れです。
中国もその流れかー、というのは我が日本国にとっては悪くない話です。

ここは、上海ディスニーランドの開業を生温かく見守っていけば良いのだと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 4日 (月)

2016年10月東京ディズニーランドの混雑予想

10月から日付指定券限定入園日を設定します。
http://www.tokyodisneyresort.jp/manage/info/ticket150917/
週末など、混雑の予想される日には、日付指定の無いチケットでは入園できません。
日付指定券への変更は可能ですが、実際にはeチケットでなければ困難です。
そして、前売り券が売り切れていれば変更不可能、すなわち入園不可能です。

運営側には、パスポート値上げと合わせて、混雑の緩和・コントロールを容易にしようという意図があると考えます。
ディズニーが常日頃言っている「ゲストの体験価値向上」は、混雑の緩和によって確かに果たされるのですが、コスト・ベネフィットを考えるとどうだろう? となります。

他に、新エリアの開発という方法もあり、シーにアナと雪の女王、ランドに美女と野獣・不思議の国のアリスのエリアが登場という報道もあります。
https://4meee.com/articles/view/536697
USJのハリーポッターエリアという大成功した前例に倣ったものと思いますが、小説7巻・映画8作にわたる同作品ほどの重厚な世界観を出すことは不可能ではないでしょうか。

201610tdlfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

2016年10月東京ディズニーシーの混雑予想

2015年TDRの入場者数は、前年比-3.8%だそうです。毎年の値上げで入場者数を絞るつもりでしょう。それに見合った顧客価値が得られると良いのですが。

10月のTDSは綺麗に8時開園です。混雑するハロウィーンですが、朝が忙しいのは少し困ります。

201610tdsfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »