« 慰安婦問題は決裂上等 | トップページ | 2016年新春ラン »

2015年12月30日 (水)

慰安婦問題は事実上決裂

慰安婦問題の合意は大失策と思いましたが、合意文書を作らなかったのがミソでした。韓国政府が挺対協を説得出来るかどうかに注目です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000005-asahi-pol

日本の10億円拠出「少女像移転が前提」 慰安婦問題

「合意されたことは、しっかりフォローアップしないと」。安倍晋三首相は日韓両国が慰安婦問題で合意した翌29日、滞在先の東京都内のホテルで帰国報告した岸田文雄外相にこう告げた。首相の念頭には、ソウルの日本大使館前にある「少女像」の移転問題があったと見られる。

 首相は、岸田氏に24日、年内訪韓を指示した直後、自民党の派閥領袖(りょうしゅう)と電話した。少女像の移転問題について、「そこはもちろんやらせなければなりません。大丈夫です」と語ったという。

「少女像」についての詳細はこちら。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%83%8F
「朝鮮人慰安婦の」少女です。
ソウルの日本大使館前に設置し、日本の戦争犯罪を糾弾しています。
アメリカのロサンゼルスやデトロイトにも設置されています。

設置主体は韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)。慰安婦問題解決のための団体と銘打ちながら、新北朝鮮団体とも言われています。
目的が元慰安婦の幸せやカネでは無く日韓離間だとしたら厄介ですが、今回は韓国政府が挺対協を抑えられなくて決裂でも良し、抑えたらそれも良しです。困るのは、一時的に従ったふりをされることですが、挺対協の騒ぎぶりからはそんな狡猾さは今のところ感じられません。

本件の本質は、一応アメリカの面子を立ててみた、というところかもしれません。
日本と韓国の政府は握手しました。でも挺対協が言うことを聞かないんだよ、とすれば言い訳も立ちます。

一方で中国や台湾が慰安婦問題の訴訟を起こすようです。
今回の日韓外相会談は日本側の負けに思えます。
そうでない意味があるとしたら、中国または北朝鮮に大事件が起こるので、それに備えて日米韓で結束する、ということです。
そしてそれは遅くとも参院選前に起こるはずです。

日本の外交がそれほどに優秀かどうか。本件の評価は向こう半年の間、保留します。

今年も一年ありがとうございます。
来年もまたよろしくお願い致します。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 慰安婦問題は決裂上等 | トップページ | 2016年新春ラン »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/63222585

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題は事実上決裂:

« 慰安婦問題は決裂上等 | トップページ | 2016年新春ラン »