« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月27日 (金)

1型糖尿病は気の毒ではあるが

自分の子供が1型糖尿病を発症したというのは気の毒なことではあり、受け入れ難い気持ちもあったかも知れませんが、本当に受け入れなかったら死んでしまいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000011-asahi-soci

糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県下野市小金井1丁目の会社役員近藤弘治容疑者(60)が殺人容疑で逮捕された事件で、近藤容疑者が自ら祈?(きとう)師の「龍神(りゅうじん)」と名乗り、治療と称して呪文を唱えたり体を触ったりしていたことが捜査関係者への取材でわかった。近藤容疑者は容疑を否認しているという。

1型糖尿病のことはこちらで。
http://japan-iddm.net/what-iddm-is/
「リンパ球が内乱」とは分かりやすい表現です。
詳しい原因は不明ですが、とにかくリンパ球が膵島β細胞というインスリンを分泌する細胞を破壊してしまうことでインスリンを作れなくなり、放置すれば高血糖で死亡します。
原因としてある種のウイルス感染に対する過剰な免疫反応が取り沙汰されていますが、いずれにしても予防は困難です。
治療はインスリン注射が基本です。これにより長期生存が可能だし、スポーツも仕事も大抵出来ます。
個人的にはプロ野球阪神の岩田稔投手を応援しています。

記事では、子供の1型糖尿病を否認した母親が完治を望んで祈祷師に依頼、その祈祷師が呪術で治そうとしてインスリン注射を止めたために亡くなってしまったとのことです。
必ずしも呪術が人を殺した訳ではないですが、インスリン注射を止めたことが直接の死因です。

今後の捜査は、「インスリン注射を止めた」の「誰」なのか、が争点になりそうです。
記事では、祈祷師と両親が「共謀」してインスリン注射を中断させたそうです。そうであれば3者が殺人罪に問われます。
もし母親が、「『完治してほしい』と依頼しただけでインスリン注射を止めるなんて言っていない」と主張すれば祈祷師一人に罪を被せることは可能です。余罪もありそうですし。
祈祷師は、「呪術による治療は請け負ったが、インスリンが要らなくなる保証などしていない(インスリンで『治らない』こと自体は間違いではない)」と抗弁するかもしれません。
その間、父親はどうしていたのかも気になります。2人の暴走を止められなかったのか、一緒にのめり込んだのか。
斜め上な予想として、病院がしっかり説得できなかったと訴えられる可能性も微レ存。

ともかく、厳しい現実から逃げようとすれば、より大きな悲劇が待っているという典型例です。
亡くなった子の冥福を祈るとともに、我々の教訓としなければなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

対テロの結束なるか

米露仏の連携が有効に機能すれば自称イスラム国も今度こそ終わります。それが出来るかどうか、世界が注目しています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000008-asahi-int

フランス、米国の空軍は17日、過激派組織「イスラム国」(IS)が首都と称するシリア北部ラッカを空爆した。パリの同時多発テロ後、仏空軍による空爆は2度目。これとは別に、ロシア空軍もラッカを空爆した。仏ロ関係はウクライナ紛争で冷え込んだが、オランド仏大統領は16日の演説で、対ISで従来の米国に加えてロシアとの軍事的連携も強化すると述べた。近く米ロの首脳と会談する。

イスラム国とやらが存在し続けられるのは、シリアという国の国際社会における位置づけのお陰です。
国家が安定していれば当然、あのようなテロ組織が領土を持つなど出来ないことです。
シリアはアサド政権をロシアが、反政府勢力をアメリカが支援してきたために決着が付かず、イスラム国の跋扈を許しました。

米露とも、お互いを強く刺激する訳にはいかないので制圧に必要な地上軍を派遣できていません。
空爆は両国によって度々行われてきましたが、ロシアはついでに反政府勢力にも落とすし、アメリカは国境なき医師団に誤爆して非難囂々と、なかなか結束出来ませんでした。

しかしここで、フランスで大規模なテロ事件が起こりました。
フランス政府は早速空爆を行い、イスラム国を倒すという決意を示しました。
フランスに地上軍を派遣する力が無い以上、一国では不可能なことですが、これが米露を動かします。

ここは一旦手を結び、世界の脅威となるテロ組織を壊滅しよう、となることを願います。
米露としても、自国の首都でテロを起こされては大変です。
逆に、ここで攻撃の手を緩めてもテロを受けない保証などありません。恨まれる原因は既に十二分にあるからです。

日本としたらどうしたら良いか。
テロに対して逃げ腰になってはいけません。そういう国こそ狙われます。
対テロの結束の輪に加わりながら、最前線には立たないこと、というか立てないですが。
トルコやエジプトといったイスラム教国との連携には、イスラム教と戦ってこなかった日本の果たせる役割が大きくなります。

国際社会は色々複雑ですが、ここまでやらかしてくれたISILには、世界が結束して相応の報いを与える必要があります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

フルマラソンから1週間

相変わらず疲れが残っています。

2日間は階段を下りられずに、上る動作の逆回しで何とか下りました。
そのあたりから副鼻腔炎(濁った鼻水の風邪)を起こして抗生剤を内服。当日夜の深酒で感染した模様。
昨日漸くジョギング7kmも、膨ら脛を中心に筋肉の半分は休んでいる感じ。肉離れ後は2割が反対運動しているイメージだったので、それよりはマシですが、怪我が怖いので半分以上歩きました。

最も長引きそうなのが爪下血腫(黒爪)です。
1ヶ月前から爪が変色していたのですが、ゆっくり走る分には本番コース試走しても悪化しなかったので甘く見ていたら、大会で頑張って一気に黒くなりました。
下から正常な爪が出始めているのですが、これが上まで届くのには数ヶ月かかりそうです。

Dsc_0388_3




これが本当のサムネイル(本当の本当はa big(great) toeと言うそうです)。気の弱い人はクリックしないように。

そんなことになっても「またやりたい」と思いました。
マラソンは麻薬でしょうか?

次を3月に定め、準備していきます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

性的少数者・同性婚と社会

嫁「心は男」、娘「二次(元)サイコー」、息子「おれは結婚はしない!」・・・人類は何処へ向かうのか。考え始めて夜中を悶々と過ごしてしまいました。最適解はあるのでしょうか。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/22/shibuyaku-certificate_n_8365162.html

同性同士のカップルのパートナーシップを公認する「パートナーシップ証明書」が11月5日から、東京都渋谷区で交付されることになった。全国で初めて成立した「同性パートナーシップ条例」に基づくもので、渋谷区の長谷部健区長は10月23日に記者会見を行い、「同性婚を認めるものとは違うが、風穴が開いたと思っている。差別をなくすことに対して、町として全力を挙げて取り組んでいきたい」と語った。渋谷区では、証明書の発行受付を10月28日からスタートする。

いい年をしたオッサンである自分にとって、何らかの改革が行われるに当たっては、社会への影響、とりわけ持続性を重視します。

一番気になるのは、少子化が進むだろうな、ということです。
何しろ適齢期の2人が子供を作らないことが確定するわけですから。
しかし異性同士の結婚が必ず子供を作っているかというとそうでもありません。「非婚」も増えています。

それでも子供が居なくなれば国が滅ぶのは確定します。
そういう危機感を持って、子供をしっかり育てる家庭に経済的支援を行うのが現実解でしょう。養子もアリかも知れません。
民主党政権の高校無償化は、その方向性では合っています。さらに言えば大学はもっと金が掛かるので・・・財源の問題が大きいです。

子供が居なくならないまでも急減した場合は、国力の低下を導きます。
その結果、中国に比べて著しく弱体化した場合、日本が中国に呑み込まれる恐れが大きいです。
経済的には日本企業が中国側から買収される事例が増えます。
人口減少の補填を移民に頼った場合には数十年のうちには乗っ取られます。

中国は反体制の存在を許さず、一人っ子政策を一夜にして二人っ子政策に変更したように朝令暮改の国です。軍事的には南シナ海を我が物とし、諸外国に札束外交を展開、インフラ整備を野放図に行い鬼城や倒壊・事故を起こしています。環境問題も大変です。LGBTの権利もどうなるか分かりません。
日本が中国の支配を受けることだけは防がねばなりません。

長期的には、人口が減るのは地球環境への負荷を考えた場合には良い方向へ作用します。
個人の要望が満たされる社会というのも望ましいことではあります。
しかし具体的な道程・手順は単純ではありません。

今回渋谷区が同性婚「特区」として名乗りを上げた形です。
この渋谷区で将来何が起こってくるのか。
それを見極めた上で、全国的な適用を検討すべきでしょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

初のフルマラソン

昨日参加してきました。
今日は階段を下りるのに両手で手摺りを持って蟹歩きです。
筋肉痛が翌日に出るのならまだ若いのだとか。

個人的には、ハンニバルよろしく思いつく限りの準備をしてきたつもりです。
初挑戦は地元、朝起きて水分を抑えておにぎり3個食べて、1時間半前に自転車で現着、混まないうちにトイレ大、1時間前にバランスパワー2個、VAAM2袋、テーピングを膨ら脛と爪下血腫を起こしている爪に。持ち込みエイドはバランスパワー2つ、アミノバイタルゼリー、ピットイン2つ。寒さ対策にゴミ袋を被って30分前にスタートへ。号砲3分後にスタート、ゲストには見向きもせず。3kmくらいで暖かくなったのでゴミ袋を脱ぎ、直近の給水所で廃棄。長いレースなので給水の度に歩行。ペースは8km/h、7分30秒/kmを目安にしていたけれど7分くらいの時もあり、後に響いたかも。トイレは2回利用。途中のエイドはバナナを貪りました。終盤は空腹で目が回ってきましたが偏食なので饅頭とか食べられなかったのが残念です。

Dsc_0067

ハーフまででは5時間切れるかと思ったけれどその後失速。特に残り10kmは強い北風に向かう形で辛かったです。それでも最後にみんな歩いている中を次々と抜いていくのは気分良かったです。ただし一度だけ、右大腿四頭筋が攣ったので少しストレッチしました。
結局、当初想定の5時間30分より数分早いタイムでした。
終了直後に持参のホエイペプチドタブレットを貰ったスポーツドリンクと一緒に服用、完走証を貰ってテーピングを剥がしてストレッチ。荷物を回収してプロテイン服用。帰宅後入浴し、マッサージを受けました。
ここまでは良かったのですが、夕食では断っていた1週間分の(?)酒を飲んで記憶が定かでない状態で寝てしまいました。

Dsc_0065

そんなわけで、自分の初マラソンが終わりました。
次の時はもっと減量してもっと平常心で臨みたいです。何時かサブ4したいな、と願っています。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

2016年5月東京ディズニーランドの混雑予想

引き続きシーに客が流れると思われます。

2015年4月からチケットが値上げされていますが、特にマルチデーパスポートの値上げが著しく、3日以上滞在しようという客が激減すると予想します。

3日くらい東京に行く場合、2日間はディズニー、他はスカイツリー他に流れるでしょう。

シーと違ってこちらはGWも制限は無いと予想します。

201605tdlfore

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月東京ディズニーランドの混雑予想

4月の予想を上げ忘れたようです。

春休みを過ぎると混雑は落ち着き、シー15周年開始からはそちらに流れると思われます。

201604tdlfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 1日 (日)

2016年5月東京ディズニーシーの混雑予想

TDSは引き続き、15周年イベントによりランドより混雑が予想されます。GWは3連休でしかないですが、好天なら4日の制限は必至です。

201605tdsfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »