« 対テロの結束なるか | トップページ | 2016年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2015年11月27日 (金)

1型糖尿病は気の毒ではあるが

自分の子供が1型糖尿病を発症したというのは気の毒なことではあり、受け入れ難い気持ちもあったかも知れませんが、本当に受け入れなかったら死んでしまいます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000011-asahi-soci

糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県下野市小金井1丁目の会社役員近藤弘治容疑者(60)が殺人容疑で逮捕された事件で、近藤容疑者が自ら祈?(きとう)師の「龍神(りゅうじん)」と名乗り、治療と称して呪文を唱えたり体を触ったりしていたことが捜査関係者への取材でわかった。近藤容疑者は容疑を否認しているという。

1型糖尿病のことはこちらで。
http://japan-iddm.net/what-iddm-is/
「リンパ球が内乱」とは分かりやすい表現です。
詳しい原因は不明ですが、とにかくリンパ球が膵島β細胞というインスリンを分泌する細胞を破壊してしまうことでインスリンを作れなくなり、放置すれば高血糖で死亡します。
原因としてある種のウイルス感染に対する過剰な免疫反応が取り沙汰されていますが、いずれにしても予防は困難です。
治療はインスリン注射が基本です。これにより長期生存が可能だし、スポーツも仕事も大抵出来ます。
個人的にはプロ野球阪神の岩田稔投手を応援しています。

記事では、子供の1型糖尿病を否認した母親が完治を望んで祈祷師に依頼、その祈祷師が呪術で治そうとしてインスリン注射を止めたために亡くなってしまったとのことです。
必ずしも呪術が人を殺した訳ではないですが、インスリン注射を止めたことが直接の死因です。

今後の捜査は、「インスリン注射を止めた」の「誰」なのか、が争点になりそうです。
記事では、祈祷師と両親が「共謀」してインスリン注射を中断させたそうです。そうであれば3者が殺人罪に問われます。
もし母親が、「『完治してほしい』と依頼しただけでインスリン注射を止めるなんて言っていない」と主張すれば祈祷師一人に罪を被せることは可能です。余罪もありそうですし。
祈祷師は、「呪術による治療は請け負ったが、インスリンが要らなくなる保証などしていない(インスリンで『治らない』こと自体は間違いではない)」と抗弁するかもしれません。
その間、父親はどうしていたのかも気になります。2人の暴走を止められなかったのか、一緒にのめり込んだのか。
斜め上な予想として、病院がしっかり説得できなかったと訴えられる可能性も微レ存。

ともかく、厳しい現実から逃げようとすれば、より大きな悲劇が待っているという典型例です。
亡くなった子の冥福を祈るとともに、我々の教訓としなければなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 対テロの結束なるか | トップページ | 2016年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

親の意志で投与が止められたのだとしたらとても腹立たしいです。

宗教上の理由で、輸血を拒むとか病院に行かないとか、世の中には人命を軽視しているとしか思えない人間が居ますが、そういうので自分が勝手に死ぬのは自由にしろと思いますが、子供を巻き込むのは勘弁して欲しいです。

子供は親を選べませんからね・・・

投稿: ちゃんちゃん | 2015年11月27日 (金) 22時13分

コメントありがとうございます。

別の記事で、「僕は何で注射しなければいけないの?」と言ったのだとか。
当然の疑問ですが、だから注射を止めて見殺しにして良いわけがありません。

親の責務は、心を鬼にして注射を教え込む一方で、患者団体に積極的にアクセスしてサマーキャンプなどに参加して同病者達と仲良くして一緒に病気に付き合っていく、という前向きな取り組みです。

親権と生存権がぶつかった場合、病院側は親から訴えられるのを覚悟で治療します。
その上で児童虐待を根拠に親権停止の手続きに入ります。
その途中で逃げられたらどうしようもないですが。

投稿: プー | 2015年11月28日 (土) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/62702358

この記事へのトラックバック一覧です: 1型糖尿病は気の毒ではあるが:

« 対テロの結束なるか | トップページ | 2016年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »