« TPP大筋合意 自由主義経済の結束 | トップページ | 共産党の方針転換 日米安保条約と集団的自衛権は? »

2015年10月13日 (火)

勇戦した日本ラグビーお疲れ様

対南アフリカ含めて3勝して予選敗退した日本チームには賞賛を送りたいと思います。この熱が4年後の日本開催まで続いて予選突破を果たして欲しいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151013-00000016-spnannex-spo&pos=5

英メディアは日本の3勝を称え、1次リーグ敗退を惜しんだ。高級紙ガーディアンは「サヨナラ、歴史をつくった男たち」との書き出しで米国戦をリポート。「田中のラック周辺での計略、獲物を狩るようなウィングのディフェンス、相手を一掃するリーチの動きはもう見られない」と残念がった。

南アフリカ戦の最後のワンプレーには痺れました。

予選で3勝して敗退したチームは初めてだそうです。
上位3チームで各1勝1敗となれば1チーム敗退するのはルール上仕方ないのですが。
ラグビーはアップセットの起こりづらい競技なので、あまりこういうことは起こりづらかったようです。

しかし試合日程は大いに問題です。
中3日の試合もあれば9日空く試合もある。強敵との試合の前に何日休めるかは極めて重大な問題です。
日本は初戦の南アフリカ戦から次のスコットランド戦までは中3日しかなかった。一方のスコットランドは日本戦が初戦でした。勝てるわけがありません。
予選プールが5チームというのは大きな不公平です。偶数にして欲しいです。それとも強豪国有利のためにわざとやっているのか。

日本チームの方針としては、スコットランド戦での勝利は最初から期しがたく、南アフリカ戦に全力をぶつけて事故を起こすしかなかった。その上で2チームの負け待ちという勝ち目の薄い状況でした。
もっと選手層が厚くて2チーム組めるようならスコットランド戦にAチームを当てることが出来たので、その辺りは4年後への大事な課題の一つです。

今回の健闘で、ラグビーを志す若者が増えるでしょう。
強い選手が増えて、4年後の地元開催では予選突破して欲しいです。
我々は、今回のことを忘れずに応援し続けたいです。

五郎丸選手の流行語大賞のベストテン入りは確実でしょうね。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« TPP大筋合意 自由主義経済の結束 | トップページ | 共産党の方針転換 日米安保条約と集団的自衛権は? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

今回のことで、ラグビーって面白いんだなあと僕も思いました。まあ、世界大会だからなのだとは思いますが。
日本を背負った選手達の闘う姿は誇らしいものでしたね。

日程についてはおっしゃるようにもう少し公平にして欲しいですね。

投稿: ちゃんちゃん | 2015年10月14日 (水) 22時36分

コメントありがとうございます。

審判にも言いたいことがあって。
日本はスコットランドより強かったかなとか思ったり。

ラグビー、まさに漢のスポーツですね。
スクールウォーズを思い出して胸が熱くなります。

この先日本代表チームは一層混血が進むのでしょうけれど。
血統は外国人でも君が代を大声で歌える人は「日本人」ですね。

投稿: プー | 2015年10月14日 (水) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/62031497

この記事へのトラックバック一覧です: 勇戦した日本ラグビーお疲れ様:

« TPP大筋合意 自由主義経済の結束 | トップページ | 共産党の方針転換 日米安保条約と集団的自衛権は? »