« 安保法案成立。民主主義の危機と言うが・・・ | トップページ | 2度目のハーフマラソン »

2015年9月25日 (金)

日露首脳会談で北方領土返還を

急に決まった感のある安倍・プーチン会談。動機が強いのはロシアです。投資や援助と引き換えに北方領土の返還が成るか、日本外交の正念場です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00050003-yom-pol

北方領土を巡っては、岸田外相が21日、モスクワでラブロフ外相と会談し、事実上、中断していた交渉の再開を宣言した。しかしラブロフ外相は「領土問題は話し合いの対象でない」などと述べ、厳しい姿勢を示した。プーチン氏は28日、オバマ米大統領とも会談する。

ロシアは今、非常に苦しいです。燃料の値下がりで収支が悪化し、当てにしていた中国からの投資も果たされていません。このままでは破綻の危機です。
頼れる相手は日本しかいません。

以下は、自分の過去のエントリーです。

2013/1/10 北方領土は天然ガスが値下がりするまで待とう
http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/35-f320.html
2015/2/8 原油相場が下がってロシアは苦しい
http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-4aa9.html
2015/9/12 中国に裏切られたロシア
http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/cat49014926/index.html

3年前くらいから、いつかは燃料は値下がりする、原油先物30ドル割れたらチャンスだろう、と待っていましたが、去年の夏頃から急落し、今の45ドルくらいでもロシア経済は維持できません。
中国による投資に活路を見出そうとしましたが、その中国も自国経済の維持に必死でロシアとの投資契約を事実上破棄しています。

ロシアは、もう日本に頼るしかありません。
中国が見捨てた投資案件に日本に出資して貰うのです。
日本側にもメリットがあります。北方領土です。
安保法制で下がった支持率を回復させる切り札となります。
日露双方に動機があるので、今回の話は急に進むのではないかと思っています。

あとは中国の出方次第です。
28日に日露と米中の首脳会談が開催されます。
極東安保の対立勢力の日本と中国が、1にアメリカ、2にロシアを取り込めるかどうかが大きな勝負所です。
会談後の記者会見に注目です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 安保法案成立。民主主義の危機と言うが・・・ | トップページ | 2度目のハーフマラソン »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/61765228

この記事へのトラックバック一覧です: 日露首脳会談で北方領土返還を:

« 安保法案成立。民主主義の危機と言うが・・・ | トップページ | 2度目のハーフマラソン »