« 2016年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | ドイツに「難民」、大国も混沌の渦へ »

2015年9月 3日 (木)

棚からキャスティングボードの橋下維新

おおさか維新の会には意外と多くの国会議員が参加するようです。政権与党に自分を高く売りつける絶好のチャンスです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000002-mai-pol

事実上の分裂状態になった維新の党(衆院40人、参院11人)で、離党した橋下徹大阪市長が10月中に設立する新党への参加を決めた議員が少なくとも22人に上ることが1日、毎日新聞の調べで分かった。15人が維新に残る方針で、態度未定の14人への多数派工作が激しくなりそうだ。

喫緊の課題は安保法制です。穏便に参議院で可決するか、衆議院で再可決か、という大詰めです。
衆議院に戻された場合は意外と微妙です。
現状の衆議院の勢力図は、自民289、次世代2、公明35、無所属11、維新40、生活(以下略)2、社民2、共産21です。
再可決に必要な人数は317です。自民+公明+次世代なら余裕です。
しかし公明党は再可決に消極的です。
もし再可決の際に公明党が造反して不成立となれば政府自民党の面目は丸つぶれです。
ここで保険を掛けたいという心理が作用します。

自民+次世代で291人。橋下新党が衆議院で26人集められれば公明党なしでも再可決できます。
現状、衆参合わせてですが「少なくとも22人」だそうです。もう少しです。
集められれば政権からは大歓迎されます。安保法制成立は盤石となり、今後は公明党への譲歩も最低限で済みます。
既に橋下・松井氏は安倍・菅氏と何度も会談を重ねていると言われています。論功行賞も分かっているはずです。法務大臣くらい約束されたかも知れません。
橋下氏は維新所属の衆議院議員の取り込みに全力を傾けるでしょう。

数が揃えば勝つ。勝つ方に皆が雪崩れ込む。
大自然の法則であり自分は嫌いですが。
橋下氏は大きな期待を背負って多数派工作に勤しみます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2016年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | ドイツに「難民」、大国も混沌の渦へ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/61439455

この記事へのトラックバック一覧です: 棚からキャスティングボードの橋下維新:

« 2016年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | ドイツに「難民」、大国も混沌の渦へ »