« 鳩山さん「クリミアに移住」「どうぞどうぞ」 | トップページ | 原油相場のジェットコースター »

2015年3月17日 (火)

群大病院腹腔鏡手術事件、そろそろ黒幕の登場

悪を倒すのは正義ではない。もっと強い悪だ。と漫画家・福本伸行先生は作中で述べています。彼にとっては、クラウンジュエルでは意味がありません。政治的にはそろそろ幕引きです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150317/k10010018891000.html

同じ医師による腹くう鏡手術を受けた患者8人が手術後に死亡した群馬大学医学部附属病院の野島美久病院長が、来月に予定されていた学長への就任について、辞退する意向を示していることが分かりました。

本件そのものについては先日述べた通りです。
一方で事件の裏に何者かの思惑が、というのは古今東西にあることです。
去年末に群馬大学学長選挙が行われ、野島美久現病院長が選出されました。
その頃から腹腔鏡手術問題は表沙汰になっていました。
タイミングが偶然でなければ、同問題は野島おろしと繋がっています。

一旦決まった学長選挙がやり直しになったら、どうなるでしょう。
こんな渦中に、基本的には誰も手を挙げません。
やる、という人がいたら、それはマスコミを操れる人間です。少なくとも、その人物に繋がりのある人です。
自分が学長になった時に、正義の味方と持ち上げて貰える確約があるはずです。なければ態々針の筵に座りに来ません。
また、これ以上群馬大学の名声が下がるのは、これから学長になる彼自身にとっては不利益ですから、マスコミの報道も一段落となると予想します。

そんなことは日本社会にとってはどうでも良くて。
真実の追究こそが大事なのですが。
弁護団結成、の時点でそれは不可能になりました。
弁護士は正義ではなく顧客の利益のために動くからです。
被害者側に不都合な真実は全て無かったことになります。そのようなことは日本は敗戦で痛感しているはずです。

世界は概してそんなものですが、そんなものだと分かっている情報リテラシーが我々には求められます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 鳩山さん「クリミアに移住」「どうぞどうぞ」 | トップページ | 原油相場のジェットコースター »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/59305568

この記事へのトラックバック一覧です: 群大病院腹腔鏡手術事件、そろそろ黒幕の登場:

« 鳩山さん「クリミアに移住」「どうぞどうぞ」 | トップページ | 原油相場のジェットコースター »