« 中国人は爆買いで小遣い稼ぎ | トップページ | 船舶の強制検査は必要 »

2015年2月23日 (月)

与那国町をサヨクの砦から保守の基地へ

与那国町への自衛隊配備の賛否を問う住民投票が昨日行われ、賛成となりました。良い結果ですが、早く駐屯地を完成させて日本の国防の意志を内外に示す必要があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000049-san-pol

 日本最西端の与那国島(沖縄県与那国町)への陸上自衛隊「沿岸監視隊」配備の賛否を問う住民投票が22日行われ、即日開票の結果、賛成が632票で反対の445票を上回った。陸自を誘致した外間守吉(ほかましゅきち)町長と防衛省にとって来年3月の部隊配備完了に向けて弾みがついた形だ。ただ、駐屯地予定地を縦断する町道の廃止などで町議会の議決を得ることが課題で、なお楽観はできない。 (半沢尚久)

与那国町は、沖縄本島から西へ500kmの島で、尖閣諸島にも近く、国防の要衝です。

日本政府はこの島に陸上自衛隊「沿岸監視隊」を配備する計画です。

これに対し、与那国町の反対派が声を上げ、町議会で配備の賛否を問う住民投票が行われましたが、(配備に)賛成多数となりました。

与那国町は人口が少ないので、町議会が特殊です。

去年の選挙では、自民党3人、無所属3人と互角の結果でした。

そのなかで議長の選出で揉めました。議長を選出した陣営が少数派に転落するからです。結局くじ引きで自民党側の議員が議長になりました。

そして、多数派の無所属側がこの住民投票案を提出して可決させたのです。

この町は国防の要衝にして人口の少ない町なので、外国人の転入によって乗っ取られる恐れのある地域です。

住民投票は1284人に投票資格があり、選挙権のない中学生41人や永住外国人5人にも資格が与えられた。自治体が政府の専権事項である安全保障問題で住民投票を行い、外国人にも投票権を与えたことは「憲法違反」と指摘される。

住民投票は、国政選挙より投票資格が緩やかで、外国人も含むことが出来ます。

サヨクは、「ここに住んでいる人達の意見を」と主張してねじ込みました。

それが成功したのか失敗したのか。少なくとも今回は敗北です。

町としては、国防は国の専権事項なのでと無視するという手もあったのですが、賛成派は結束しました。無視して投票に行かない、というのは敵を分断するというサヨクの策に嵌まることとなり、その手に乗らなかったのは賞賛に値します。

さて、サヨクの大きな砦は攻略されましたが、まだ塔が残っています。

 今後は駐屯地整備に伴う町道廃止と水道引き込みで町議会の議決を得られるかが焦点だ。昨年9月の町議会でそれらの議案は否決されており、議決がないと駐屯地整備に支障が生じる。

(中略)

町議会は与野党が3対3の同数で、与党議員が議長に選ばれ、採決では野党が多数を占めるが、野党議員の1人は住民投票で賛成票が上回ったことで配備容認に転じる可能性があるという。1人が転じれば議決を得られる見通しが立つ。

 仮に議決が得られなければ、外間氏は首長の伝家の宝刀とされる「専決処分」も視野に入れざるを得ない。専決処分は議決を経ないで首長が議案を処理するものだ。

駐屯地整備に必要な町道廃止と水道引き込みです。これが成立しないと駐屯地が使えません。

3人の無所属議員のうち1人は、「中立」なのだそうです。それが誰なのかもネットを検索すれば特定は難しくありません。ここでは敢えて挙げませんが。

彼を説得すれば、議決できます。或いは専決処分をちらつかせて、抵抗しても無意味、味方になった方がメリットが大きい、と思わせることです。

報道ステーションでは、彼等なりに中立的に報道したのでしょうけれど。

インタビューに答えた反対派の住民が、「中国の脅威は感じない」と言っておいて「基地が出来たら爆撃を受ける」というのは矛盾するというものです。

沖縄はソ連や中国の爆撃を受けませんでした。

備えあれば憂いなしというのは正にこの事なのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 中国人は爆買いで小遣い稼ぎ | トップページ | 船舶の強制検査は必要 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/59033271

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国町をサヨクの砦から保守の基地へ:

« 中国人は爆買いで小遣い稼ぎ | トップページ | 船舶の強制検査は必要 »