« 人質交換だけでなくプラスアルファを | トップページ | 尊い犠牲を払って日本はテロに勝利した »

2015年1月31日 (土)

人質問題とTPPがリンクするとすれば

難航していた日米TPP交渉が急に進んでいるようでが、このタイミングに作為を感じます。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150131-00000496-fnn-bus_all

TPP(環太平洋経済連携協定)をめぐる日本とアメリカの交渉は、日本がかけている牛肉の関税を、現在の38.5%から10%前後まで引き下げる方向で調整が行われている。

TPPは、野田政権で参加を表明しましたが、その後は遅々として進みませんでした。オバマ大統領を日本に呼んでの日米首脳会談でも進みませんでした。

それが急にです。日本はISILによる人質問題で忙しくて身動きが取れない時期なのにです。

何か事件が起こったら、誰が得するのかを考えるのが定石です。

身代金要求の映像が出た。しかし日本は拒否。続いて人質交換の話が出て、日本とヨルダンを秤にかける様子。

当初はともかく、今は誰得な展開です。少なくともこの3者の中に勝者はいません。

イスラエルは勝者でしょう。イスラム圏の内輪揉めを高みの見物です。

一方で、積極的に関与してきた国がアメリカです。

アメリカ国務省のサキ報道官は、20日に日本を支援する声明を発表しました。

やけに気前が良いと思ったら、唐突にTPP交渉が再開しました。

人質事件の解決と取引したと思われます。

人質事件の解決そのものは困難を極めますが、テレビでの扱いでの政権批判は控えめです。後藤さんと長い間音信不通だった母親も変人扱いです。

外交というのは、同盟国であってもそんなものです。

アメリカの横暴をずっと見てきた人にとっては何を今更というものでしょうが。

ではどうしたら良いのか、となると難しいです。

日本がアメリカから真の独立を果たすには、軍事と情報における独立が必要です。

当然、分かりづらい形で邪魔が入ります。

我々日本人は、正しい政治家を選んで応援する必要があります。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 人質交換だけでなくプラスアルファを | トップページ | 尊い犠牲を払って日本はテロに勝利した »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/58771210

この記事へのトラックバック一覧です: 人質問題とTPPがリンクするとすれば:

« 人質交換だけでなくプラスアルファを | トップページ | 尊い犠牲を払って日本はテロに勝利した »