« 町田選手引退。滑る哲学者の夢の続きに期待 | トップページ | 2015年7月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2015年1月 3日 (土)

2014年を振り返り、2015年に向けて

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

年末に桑田さんがやってくれたみたいです。

安倍首相を前に「衆院解散なんてむちゃをいう」と歌ったり、紅白に突然出場して「ピースとハイライト」を歌ったりです。

強くて野心的な隣国を相手に愛とか平和とか唱えていれば安泰とは、自分にはとても思えません。

大日本帝国に併合された大韓帝国や、ナチスドイツに合邦されたオーストリアの例もあります。平和を志しても侵略国の片棒を担がされることもあるのです。

最終的には、日本国を信じるか中国を是とするかの議論は平行線です。

自分は、前者です。

そんな自分にとって、安倍政権の2014年の実績はどうか、採点してみます。

・国家安全保障局が発足  +20
・集団的自衛権の容認を閣議決定 +20
・第二次安倍改造内閣発足 しかし2閣僚が辞任 -20
・消費税増税先送り +10
・解散総選挙で議席ほぼ維持 +20

合計で+50点でした。

ちょっとニュースが少なかったです。

去年後半から原油価格が大きく下落しており、産油国を中心に大きな経済危機が起こりつつあります。

こんな時に、如何に他国を助けながら国益を獲得していくかが問われます。

ロシアから北方領土を取れるか。

韓国に在日資産を徴収させるか。

中国からアフリカの利権を買い叩けるか。

他の問題はともかく、現時点で安倍外交は最適と考えます。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 町田選手引退。滑る哲学者の夢の続きに期待 | トップページ | 2015年7月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

秘密保護法とかもありましたよ。これで何処ぞの国の会社もいずらくなるでしょう。

石油価格の下落はピンチでもありチャンスでもあります。

まあ、韓国に徴収されても在日が日本からいなくなってくれた方がずっと良いですネ。

投稿: みやとん | 2015年1月 3日 (土) 19時25分

ありがとうございます。今年もご指導のほど宜しくお願いいたします。

秘密保護法、忘れてました。
第一次安倍政権の国民投票法、防衛省、教育基本法に匹敵する大仕事でしょう。

投稿: プー | 2015年1月 3日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/58461173

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年を振り返り、2015年に向けて:

« 町田選手引退。滑る哲学者の夢の続きに期待 | トップページ | 2015年7月東京ディズニーシーの混雑予想 »