« 「アベノミクス」ではなく「安倍政権」が信任されたのだ | トップページ | オバマ大統領の移民改革、得するのは誰? »

2014年12月16日 (火)

ロシアの大幅利上げは緊急事態だが日本の好機でもあり

ロシアが政策金利を10.5%から17%へ激烈利上げ。日本国にいると実感できませんが、大変なことが起こっているようです。リーマンショックの再来かもしれません。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0JT2I320141215

[シドニー 16日 ロイター] - 16日の外国為替市場で、ロシア10+ 件の通貨ルーブルが対ドルで急伸した。ロシア10+ 件中銀が主要政策金利を10.5%から17%に引き上げたことが手掛かり。
 
ルーブルRUB=EBSは1ドル=60.00ルーブルに急伸。原油安を受け、前日には一時67.00ルーブルを上回る水準までルーブル安が進んでいた。

原油先物は、更に下がり現在54ドルです。半年前の半値と言って良い暴落です。

すなわち、原油で食っている国々には緊急事態です。

先日のブログで言及しましたが、まさにロシアが大変です。

ソチ五輪は燃料の儲けを使って無理矢理成功させた感がありますが、その2月と比べてルーブルの対ドル相場は半減です。

通常、通貨の下落に対しては利上げで対処します。その通貨を買って預金するだけで付く金利が増えるので、買いが集中して通貨高になります。

しかし、金利高は当然将来の利払いの負担です。一般的に、7%を超えると危ないと言われ、ギリシャは2012年に30%を超え、今でもそれに近い水準です。それでも持っているのはドイツその他EUのお陰です。ロシアには保護者がいません。

本日、ロシアが10.5%から17%への利上げです。2月は5.5%でした。通貨防衛に必死ですが、燃料代が戻らない限り回復も見込めません。

さあここで日本の出番です。

日露首脳会談は何故か延期されていました。いや、表向きはウクライナ問題のせいでしたが。

これは狙ったのか? というくらい出来すぎた話です。

自分の2013年1月10日のエントリーです。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/35-f320.html

北方領土交渉は天然ガスの値下がりまで待とう、という内容です。

時間は掛かりましたが、まさにそのような状況になってきました。

今なら、いや、2ヶ月後くらいには、ロシアに頭を下げさせて4島返還出来る状況になってきました。

アメリカの横槍が入るかもしれませんが、「じゃあお前が解決出来るのかよ」と言えば良いです。

むしろ一度ショックが起こった後の方が安く買い叩けるという考え方も出来ます。

安倍外交頑張れ。

うまく行けば4年後だって安泰です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「アベノミクス」ではなく「安倍政権」が信任されたのだ | トップページ | オバマ大統領の移民改革、得するのは誰? »

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/58289593

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの大幅利上げは緊急事態だが日本の好機でもあり:

« 「アベノミクス」ではなく「安倍政権」が信任されたのだ | トップページ | オバマ大統領の移民改革、得するのは誰? »