« エボラ、オバマのハグがパフォーマンスだとしても | トップページ | 2015年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2014年11月 1日 (土)

黒田バズーカ2は、原油価格維持策と消費税

日銀の追加緩和はサプライズでした。株高円安が顕著ですが、個人的には追加緩和は有害と考えます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000102-mai-bus_all

日銀は31日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策を決めた。これまで、長期国債などの金融資産を購入して市場に資金を供給する量(マネタリーベース)を年60兆~70兆円増やすとしてきたが、これを80兆円に拡大する。消費増税後の消費や生産の低迷が長引き、原油安もあって消費者物価の伸び率が鈍化しているためだ。想定外の追加緩和で株高、円安、金利低下が進んだが、効果が見えにくいことなどから日銀内でも賛否が分かれ、金融政策を決める政策委員9人のうち4人が反対した。

今回の追加緩和は、国内的には消費税増税のための政策です。経済指標が悪化しているので、下駄を履かせようというものです。

しかしこれは、一般の国民には恩恵のない話で、しかも消費税増税を決めたらそれで株高円高も来て帳消しになります。

帳消しになるので予め上げておく、という消費税増税ありきの話なら、本件は財務省主導ということになります。

さて、自分がそれよりも気にするのは、「原油安」です。

確かに原油の先物は直近で80ドルくらいで、今年上半期の100ドル超えと比べたら随分下がりました。それなのにガソリンスタンドの値下がりが緩いのは、タイムラグもありますが、円安で相殺されているのが大きいです。もっと下がってくれ、というのは多くの人の感想だと思います。

全体の経済政策としてインフレ、消費者物価指数の増大は正しいですが、自分が重視するのは「コアコアCPI」、消費者物価指数から生鮮食品とエネルギーを差し引いた指標です。エネルギーは、海外に流出するマネーです。これが多くてインフレになっては、我々の生活は全然楽になりません。逆に一見デフレでも、エネルギーが安くなれば日本国内で回るお金が増えて結果的には我々は豊かになります。

しかし、海外勢はそれでは困るようです。

アメリカのシェール革命は確かにエネルギーの革命ですが、採掘コストは高いです。原油1バレル相当のエネルギーの採掘に50-70ドルくらい掛かります。また、中東諸国では採掘コストは安いものの若者や外国人への社会保障費が高く付き、これを含めた採算ラインは80-100ドルまたはそれ以上なのだそうです。

これら産油国と、化石燃料に利権を持つオイルメジャー達にとって、原油価格維持は死活問題なのです。

イスラム国が最近有名です。化石燃料の観点でこれを読めば、政情不安によりイラク周辺の採掘が行われないことで値崩れを防ぐ、という意義があります。さらに、彼等の持つ石油施設をアメリカが空爆したこともこれを示しています。

最近有名と言えばエボラ出血熱も、世界の物流への悪影響が懸念され、10月中旬の相場下落の原因の一つです。

そんな彼等から、日本も原油の買い支えを手伝えと言われたのではないかと推測します。まして、原発再稼働なんてもってのほかです。

そんな彼等の利益と、日本の国益を両立する方法も無いではありません。

それは円高です。

円高になれば、ドル建ての原油相場が上がっても円ベースでの燃料価格は上がらず、丸く収まります。

1ドル110円の時に産業界が急激な円高に苦言を呈していました。それなのに日銀の金融緩和で終値1ドル112円ですから、今回の追加緩和は理解に苦しみます。

もし近い将来に大規模な経済ショックが起こるということなら、こういう名目で円安株高にしておくのは妥当と言えます。

そういうことなのでしょうか??

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« エボラ、オバマのハグがパフォーマンスだとしても | トップページ | 2015年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »

経済」カテゴリの記事

コメント

これは消費税の増税を準備するというより、今しか緩和の機会が無いせいだと思いますよ。

近い時期にアメリカの緩和政策が終わりドルの流れが反転する可能性が非常に高いのですから、『今』やらなかったら出来なくなるでしょう。

一ドルが115~120円が適正水準と考えられます。民主党時の異常な円高を完全に解消するのは、この緩和が最後のチャンスだったからだと思います。

投稿: みやとん | 2014年11月 1日 (土) 20時41分

コメントありがとうございます。

アメリカは「いつ利上げ?」の段階ですね。
確かに、今しかないのでしょう。

投稿: プー | 2014年11月 2日 (日) 06時55分

もうひとつ付け加えるならば、韓国に対する面もあると思います。

韓国が日米を離れ中国に付こうとしている時点で韓国に対する配慮はいらない、となっているのでしょう。
大規模な緩和をして円安になった場合、韓国の輸出産業は極めて大きなダメージを受けますから、以前の政権ではこの様な緩和は行なわれなかった、と私は考えています。

日米に対する姿勢がこのままなら韓国経済がどうなろうと知るものか、と言う事でしょう。
アメリカも取れるだけのものを取ったら韓国を見捨てる可能性が高いですね。

中国なら別ですが、韓国程度の国が破綻しても影響はギリシャより軽微でしょう。いや日本の産業界にとってはダンピングやルール違反を繰り返すヤカラが減るので良い事の方が多いですね。
スワップも来年の2月に切れますから、韓国の破滅はすぐそことしか思えません。属国に戻るしか手段はありませんよ。

投稿: みやとん | 2014年11月 2日 (日) 13時45分

コメントありがとうございます。
サムスンは大幅減益で既に危なそうですが、緩和とスワップ切れで止めを刺すことになりそうですね。

ただ、韓国の属国化は、目の前が敵になるのでどうも・・・いや、とっくに敵みたいなもの、少なくとも足を引っ張る味方でしたね。


投稿: プー | 2014年11月 2日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/57856138

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田バズーカ2は、原油価格維持策と消費税:

« エボラ、オバマのハグがパフォーマンスだとしても | トップページ | 2015年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »