« 自民党のリベラル粛清人事 | トップページ | 黒田バズーカ2は、原油価格維持策と消費税 »

2014年10月25日 (土)

エボラ、オバマのハグがパフォーマンスだとしても

エボラ出血熱が猛威を振るい、アメリカにも上陸しました。日本では水際対策が急務ですが、治療法はあるので冷静に対処したいです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3029935?pid=14675112&utm_source=yahoo&utm_medium=news&utm_campaign=txt_link_Sat_p1

【10月25日 AFP】(写真追加)エボラ出血熱を発症した米国の2人の看護師ニーナ・ファム(Nina Pham)さん(26)とアンバー・ビンソン(Amber Vinson)さんが回復したと24日発表された。ファムさんは退院してバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領と面会したほど元気になっている。

エボラ出血熱は空気感染するとか言われ、上陸したらパニックになりそうです。

しかし実際の感染力はそれほど強くはありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

基本的には飛沫感染です。粘膜や傷口は通常の皮膚と比べて格段にバリア機能が弱いため、特に注意が必要です。

西アフリカで大流行しているのは、感染防御の医療器具が不足しているためであり、死亡率が高いのは衛生や栄養が足りないからです。

しかも、富山化学工業の薬、「アビガン」が有効であることも分かってきています。

先進国では、偶発的な感染はともかく、治療に当たって恐れることはありません。

むしろ、恐怖によってパニックに陥った場合の方が恐ろしいです。

その意味で、生還患者にオバマ大統領がハグしたのは象徴的な絵です。

水面下では厳重な感染対策が行われ、本当にパフォーマンスでしかないでしょうけれども、そういう絵が出回ることは大事です。

世界に向けて、エボラは治療可能であることと簡単に感染はしないということをアピールして(少なくとも先進国の)人々を安心させるのです。

かつてカイワレ大根を食べた大臣を格好良いと思ったことがありました。一方、フルアーマーで原発付近を視察した長官は批判されました。

ただのパフォーマンスと侮ってはいけないと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 自民党のリベラル粛清人事 | トップページ | 黒田バズーカ2は、原油価格維持策と消費税 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/57782991

この記事へのトラックバック一覧です: エボラ、オバマのハグがパフォーマンスだとしても:

« 自民党のリベラル粛清人事 | トップページ | 黒田バズーカ2は、原油価格維持策と消費税 »