« 2015年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | マララさんの理想は正論だが »

2014年10月 4日 (土)

香港は民主化出来るか?

香港が熱いです。数十万人のデモ隊が香港政府と中国政府を相手に戦っています。香港、ひいては中国の民主化を占う重大な局面です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141004-00000000-mai-int

【香港・鈴木玲子、隅俊之】香港の次期行政長官選挙の制度改革に抗議する大規模デモが続く香港で3日、繁華街の占拠行動に反対する住民1000人以上とデモ隊の衝突が発生し、複数の負傷者が出た。香港政府側との対話に応じる姿勢を示した学生団体は3日、組織的な攻撃と非難し、「政府との対話を棚上げする」と発表。事態打開を探る動きは暗礁に乗り上げた。

香港では、9月25日にデモが発生、10月1日には中国の国慶節も相俟って数十万人にも膨れ上がりました。

香港民主化デモの発端は、香港行政長官選挙制度の改変です。

選挙は5年に1度行われますが、2012年までは、選挙権は1200人の選挙委員で、立候補は誰でも可能でした。2017年の変更内容は、選挙権が18歳以上の香港市民に拡大される一方で、立候補者は1200人の指名委員会(=従来の選挙委員)の過半数の賛成を要する、となります。

半歩だけ前進した改革という印象ですが、普通選挙を期待していた香港市民は我慢出来なかったようです。

中国側の考える民主化とはその程度でした。中国返還後も「一国二制度」による自由を謳歌していた香港市民の価値観を見誤ったと言えます。

これがどう展開するか。

冒頭の記事は、10月3日のこと。前日に香港政府がデモ隊との対話を発表した矢先、反対派市民とデモ隊が衝突して負傷者が出ました。

順当に考えれば、「反対派市民」は、中国本土の兵士や工作員です。

中国が恐れるのは第二の天安門事件です。あの時は世界中から非難が沸き起こり、西側諸国から制裁を受けました。最初に解除したのが日本というのは苦い思い出です。

それを起こさないで収拾するには。

「デモに参加したら怪我するぞ」というのは結構な抑止力です。デモに参加する人は、自分が無事だろうからこそ参加するのです。怪我して働けなくなっても誰も助けてくれません。そうなると参加者は減ってきます。

また、時間が経てば、仕事も出来ないので一部のプロ市民以外は参加できなくなります。

こうして民主化の大きな波が去れば、中国は勝利宣言できます。

そうは問屋が卸すかどうか。

本件は、外国の謀略の可能性が高いです。というか、大抵の事件には外国が絡んでいるのですが。

いち早くデモ隊と普通選挙を支持する声明を出したアメリカが主犯格です。

イギリスはスコットランドで、ロシアはウクライナで、それぞれ独立運動に手を焼いており、中国の内紛を支持する動機があります。

日本にだって沖縄の独立問題があります。だいぶ事情が違いますが、中国が香港を押さえ込めば、日本が沖縄の独立を阻止する正当性もある、と主張できます。

日本はともかくこれらの国々が、中国が香港問題を解決するのを黙って見ているかどうかです。

狡猾な外国としては、デモ隊と警察の衝突を煽って暴力的な事態になれば、向かう先が独立か武力鎮圧かどちらにしても、中国に大打撃を与えることが出来るのです。

そもそも中国が大人げないです。

世界の民主主義なんて、裏では外国達の勢力争いです。

自由、平等、人権、平和、環境、安全などと綺麗事を言いながら外国の国益を密かに誘導しようとする政治家達のぶつかり合いです。その中で、意見を何とか集約して自国の国益をそれなりに守り切るのが民主主義の重大な課題です

どこの国も、表向き自由な普通選挙をしたように見せて国益を守ることに腐心し、時にそれが外国勢力に負けることもある、という苦労を経験しているのです。

中国だけがそれを免れることが出来るなんて、甘いのです。

中国本土では、民主派・独立派に対する弾圧や情報統制が効いていますが、香港ではそれが不可能であり、外国にそこを狙われたのです。

これが本土にも飛び火するか、香港を損切りできるかどうか。

重大な課題が突きつけられました。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2015年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | マララさんの理想は正論だが »

政治」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ楽しみにしております。
日本においては自民党が絶対過半数を占めており、二大政党化になるにはあと三回ほどの総選挙をしないとならない予感がします。
それしても800万と言われる学会票が基礎にあれば、山が動かないですね。

投稿: ありのままで一号 | 2014年10月 5日 (日) 19時51分

コメントありがとうございます。

自分のエントリーの通り、二大政党制が良いのかどうかという問題もあります。
愛国の方向性がちょっと違うだけ、という二大政党なら現実的ですが、やはり10年先でしょうか。
一つ言えることは、素人に政治は任せられないということですね。

投稿: プー | 2014年10月 5日 (日) 20時39分

いつもブログ非常に楽しみにしております。
さて、最近ニュースで報道されております、日本人がイスラム国の戦闘員として参加していたり、参加希望の若者がいるというのを報道で知りました。
日本には関係ないと個人的には思っておりましたが、インターネットの普及、何も変化のない現在の世の中への不満なのか、ファシズムなのかよく分かりませんが、衝撃的な出来事でありました。是非、先生の所見お聞かせ下さい。

投稿: ありのままで一号 | 2014年10月 8日 (水) 18時42分

コメントありがとうございます。

世界の不景気で若者に仕事が無い。

仕事がなければ兵士になる、というのは古今東西の男性の生き方の一つです。
失業率の高い欧州では珍しくもありませんが、日本は失業率が低いために、一人出れば目立ってしまうのでしょう。

投稿: プー | 2014年10月 9日 (木) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/57574739

この記事へのトラックバック一覧です: 香港は民主化出来るか?:

« 2015年4月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | マララさんの理想は正論だが »