« 2015年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | スコットランド独立は否決 »

2014年9月11日 (木)

スコットランド独立は混沌の入り口

スコットランド独立の是非を問う住民投票が9月18日に迫りました。ウクライナに続く独立問題は、世界平和に対する重大な問いかけです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000092-reut-eurp

[ロンドン 10日 ロイター] - キャメロン英首相は10日、スコットランドを訪問し、英国からの独立の是非を問う住民投票で独立を支持しないよう、市民に訴えかけた。

スコットランドの独立は、同国民にとっては300年来の悲願です。

簡単に歴史を説明します。

イングランドとスコットランドの対立は11世紀に始まりましたが、1603年に同君連合を結び、さらに1707年にグレートブリテン王国を結成しました。

その後300年にわたり、国力差が大きいために不平等な扱いに耐えてきたスコットランドですが、1970年代にスコットランド沖に北海油田が開発され、経済的自立の目処が立ったために独立への気運が高まってきました。

1997年にスコットランド出身のブレア政権でスコットランド議会が成立してある程度の自治権を取り戻しました。そして来る9月18日の住民投票、賛成多数なら2016年に独立となります。

イギリスの経済が低迷する中で、独立すれば北海油田の権益を独占できて我々は豊かになれる、という気持ちは単純に理解出来るのですが。

小国として独立して幸せになれるのか、というのは難しいです。

ヨーロッパに小国は多いですが、豊かなところは工業・金融・観光・タックスヘイブンなどの特徴があります。スコットランドは油田と半導体産業を持っています。

安全保障体制としては、ウクライナ・シリア・イラクと違って超大国の勢力争いの直接の戦場ではないのであまり気にする必要はありません。

しかし、イングランド側は、通貨ポンドの使用を認めないようです。スコットランドの銀行はイングランドに本店の移転を検討しています。大国イングランドとの摩擦は意外と出るかもしれません。

それでも独立決定となれば、一時的な金融混乱は避けられませんが、徐々に落ち着いていくのでは? と予想します。

しかしスコットランドでは良くても、世界的にはこの独立運動には危険な香りがします。

狡猾な第三国が独立運動を画策し、独立後に支配する。併合という目に見えた形もあれば、経済面で間接的に支配するケースも多いです。

近現代史での「併合」の実例は、日韓併合やナチスドイツの領土拡張などが挙げられます。

最近は、ウクライナの「革命」、クリミアの「独立」、東部の抗争、という一連の動きもこれで説明できます。

日本にとっても対岸の火事ではありません。

沖縄について中国のネットでは、独立させて中国に編入させよう、などという議論があります。

日本では、住民投票法もなければ沖縄県議会にそれほどの自治権もありません。

もし民主党政権時代にそんな立法が行われていたら、危なかったです。イギリスのブレア首相は、それに比べたら有能でした。地政学的にはとても同列には語れないですが。

世界の平和への道筋は、理想的には国境を廃することです。やや現実的には経済的な結びつきを強めることが戦争に対する抑止力です。EUというのは、まさにその理念で多くの国々が結びつき、多くの問題を孕みながら、脱退が無い限り戦争は起こらない、と思わせる状況です。

スコットランドの独立は、その流れに逆行する動きです。独立時点でイングランドとの対立は決定的です。また、世界中で独立の動きが加速すると、その帰属を巡って紛争が勃発します。

それで利益を得るのは誰なのか。国家としては上述の中国、ロシアなどの産油国群、近隣国では歴史上色々あったフランスあたりでしょうか。

彼等に対抗するための現実的手段は何か。

一市民にとっては重すぎる課題かもしれません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2015年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | スコットランド独立は否決 »

政治」カテゴリの記事

コメント

いつもblog楽しみにしております。
最近菜にかと話題のイスラム国に対しては、
是非所見下さい

投稿: | 2014年9月17日 (水) 16時34分

コメントありがとうございます。

イスラム国ですか。
イデオロギーよりも経済。動乱による原油吊り上げが本筋と思っています。
シェールガス採掘は、単純な原油よりも採掘コストが高く、原油が下がると採掘できなくなります。
あと、イラクはコスト激安で原油が採れる地域のようです。

投稿: プー | 2014年9月17日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/57342256

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランド独立は混沌の入り口:

« 2015年3月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | スコットランド独立は否決 »