« マレーシア機墜落、ウクライナ問題のターニングポイント | トップページ | 2015年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2014年7月26日 (土)

食に関しては日本人は怒る

中国製期限切れチキン、日本に実害は無かったのですが。面白いのでこの事態を利用するのが良いです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ2506K_V20C14A7TI0000/

日本マクドナルドは25日、「チキンマックナゲット」など中国製の鶏肉商品8種類の販売を中止した。同社がナゲットを調達していた中国の食肉加工会社、上海福喜食品(上海市)が使用期限切れ食肉を使っていた問題で、消費者に中国製の鶏肉商品の不安が高まっているためだ。同社から鶏肉商品を仕入れていたファミリーマートも、週末にかけて臨時の消費者の相談窓口を開くなど対応に追われている。

戦後の日本は牙を抜かれた大国です。領土を取られても国民を拉致されても原爆を落とされても大人しくしていますが、食べ物については驚くほど沸点が低いです。

中国には農薬入り冷凍食品の件で厳重に抗議し、BSEでは、あのアメリカにすら刃向かいました。

世界的には異常なレベルの食に対する安全意識ですが、日本国が怒れば世界はそれなりに対応してくれる、という好例です。日本は大人しくしていれば良いというわけではないのです。

本件は中国の失態です。

中国の元従業員らしき人物のツイッターでは、日本向けには特別に気を使って良品だけを輸出していた、という書き込みがあったそうです。

それはきっとそうなんだと思いますが。今回だって日本に実害はありませんでした。

その努力が無に帰してしまった瞬間です。

憎き外資系企業の管理体制を非難して国民のガス抜きが出来たと思ったのでしょうが、それは外資の撤退を招きます。

また、中国資本の企業の方が余程信用出来ないですから、中国はいよいよ毒入り食品で溢れてしまいます。

日本では、マクドナルドが鶏肉の供給国を中国からタイに切り替えました。

通常、日本企業の中国からの撤退には当局から大きなペナルティを科されるので遅々として進まずにいました。

しかし、本件では、日本国民の怒りを利用して中国からの供給を停止しました。

日本マクドナルドは、実害も出ていないうちから容易く脱中国が達成出来たのです。

この事態は利用すべきです。

脱中国はこのようにして行うのだ、ということです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« マレーシア機墜落、ウクライナ問題のターニングポイント | トップページ | 2015年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/56904722

この記事へのトラックバック一覧です: 食に関しては日本人は怒る:

« マレーシア機墜落、ウクライナ問題のターニングポイント | トップページ | 2015年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »