« 2014年11月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 「美味しんぼ」には人としての心がない »

2014年5月11日 (日)

平和的解決のためには、中国より強くなくては

緊張が増す南シナ海情勢に対して、ASEANが「全ての当事者に平和的解決を求める」という声明。しかしそれは中国相手には無意味です。本当に必要なのは力です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140510-00000092-jij-asia

【ジャカルタ時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会合が10日、ミャンマーの首都ネピドーで開かれ、緊張が増す南シナ海情勢について、「深刻な懸念を表明し、全ての当事者に平和的な解決を求める」とする声明を発表した。

最近の南シナ海情勢を受け、ASEAN加盟国が一致した見解を発表するのは初めてで、中国をけん制する内容。ベトナム国営メディアによれば、会合ではベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相が中国を批判したものの、公表された声明では中国を名指しで非難することは避けるなど、一定の配慮ものぞかせた。

南シナ海をめぐっては、ベトナム船と中国船が西沙(英語名パラセル)諸島付近で衝突、ベトナム側に負傷者が出たほか、南沙諸島沖ではフィリピンが中国船を拿捕(だほ)するなど緊張が高まっている。
 外相会合は声明で、関係する全ての当事者に対し、国連海洋法条約などの国際法の原則に従い自制し、平和的手法により紛争を解決するよう求めた。
 その上で、南シナ海問題で各国の行動に法的拘束力を持たせる「行動規範」を中国と早期に策定するため、迅速な行動を取る必要があるとの認識で一致した。会合後、インドネシアのマルティ外相は「会議の大半は南シナ海問題に費やされた」と語った。 

中国は尖閣諸島を「核心的利益」と主張しています。

尖閣諸島が日本のものであることは自明ですが、それでも中国にとってはそれこそ死活問題なのです。

中国国内は、汚職、バブル崩壊、環境問題、少数民族問題などで運営が追い詰められています。

これを打開するにはもう、外に打って出るしかないのです。

最近の中国の動き、尖閣諸島に出没、中台サービス貿易協定、ロシアへの接近、アフリカでの利権拡大、南シナ海での衝突事件などは、中国の事情と政策を示すものです。

そんな中国に対して理性とか規範は無意味です。約束だって平気で破る国です。

約束を守ったら滅ぶとしたら、その約束を守りますか?

それこそ、平和的解決のためには、ASEANを日米が援助するしかありません。

特にアメリカのような超大国が出てくれば、中国は諦めざるを得ません。

今滅ぶか10年後に滅ぶか選べと言われたら、後者を採るしかありません。軟着陸のための準備の時間も稼げることもあります。

記事では、フィリピンは中国船を拿捕しています。そんな強気な行動が取れるのは、米比相互防衛条約があるからです。

やはり、中国を抑えるには力が不可欠です。

日米はもちろん、ロシアやインド、オーストラリアとも足並みを揃えて世界の平和を守らなければなりません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« 2014年11月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 「美味しんぼ」には人としての心がない »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/56148522

この記事へのトラックバック一覧です: 平和的解決のためには、中国より強くなくては:

« 2014年11月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 「美味しんぼ」には人としての心がない »