« ブラック企業の撲滅はこうするのだ | トップページ | 維新分裂 政策実行力の無い政界再編 »

2014年5月23日 (金)

大飯原発訴訟、止めると言えば解決できるのか?

大飯原発運転再開差し止め判決。高度に技術的な問題を素人が断じることに違和感を感じます。気持ちだけでは解決出来ない原発の難しさです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140522-00001548-bengocom-soci

関西電力大飯原子力発電所の3号機と4号機の安全性をめぐる裁判で、福井地裁は5月21日、運転再開をしないように命じる判決を言い渡した。これを受け、弁護士やジャーナリストらが運営するニュースサイト「NPJ」では、判決要旨の全文が公開された(http://www.news-pj.net/diary/1001)。

その判決要旨を読んだ人たちから、ツイッターにさまざまコメントが投稿された。「額に入れて貼りたい」「気合いが入っている」など判決文を高く評価する意見が数多く書き込まれた一方で、「判決文とは思えない感情的な文章」と批判する声もあった。

現在、日本国における原発関係の最大の知識・権威ある集団は原子力規制委員会です。地裁の裁判官はそれを上回る勉強をしたのか。また、原子力政策は日本国の経済・安全保障の問題であり、その側面からも、一判事の裁量範囲を逸脱したものであり、関西電力の控訴は妥当です。

それとは別に、脱原発が本当に正しいかについての私見を述べます。

自分だって、日本国の美しい国土が放射性物質に汚染されることは耐えがたいです。

しかし、福島第一原子力発電所では現在も放射性物質が垂れ流しです。また、4号機の使用済み核燃料はまだ残っており、溶融燃料に至っては現状も把握できていません。国内54基の原発の廃炉は見通しも立ちません。

そんな現状を見て、「ほら見ろ原発は危険だ即時廃止だ」と言うのは簡単です。

しかし、廃止を宣言したところでそれらの課題は一つも無くなってはくれません。

重要なのは、これらに取り組む技術者が居なくなることです。

未来ある優秀な若者達が、誰が好んで終わった産業に身を捧げようと思うのでしょうか。

よしんば補助金で人を集めたとして、完遂したら打ち切りになる仕事を終わらせようと思うでしょうか。

そして技術者が不足すれば、最悪それによって原発事故が起こるのです。

日本の脱原発は、向こう数十年掛けて達成すべき課題です。

日本は戦後、安全保障上は核武装の準備のため、経済的にはオイルショックを乗り切るため、原発の恩恵を受けてきました。

未来へ付けを回したと言われればその通りですが、それを一気に完済することは不可能です。

原発の輸出に関して言えば、自分はもっと確信しています。日本は原発を輸出すべきだと。

日本国内には狭い国土に地震という原発に不利な条件がありますが、一つでも当てはまらない国には輸出しても良いではありませんか。

世界で原発を欲する国は幾つもありますが、日本が受注できなければ韓国が受注することになります。

「あの」安全軽視の韓国に任せては、地震が起きなくても原発事故が起こります。韓国はUAEと60年保証という破格の条件で原発建設を受注しましたが、進んでいません。

日本がやるしかないのです。

何の問題でもそうですが、逃げようとしても逃れられない案件には、正面からぶつかるのが最善策です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

 

|

« ブラック企業の撲滅はこうするのだ | トップページ | 維新分裂 政策実行力の無い政界再編 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/56288797

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発訴訟、止めると言えば解決できるのか?:

« ブラック企業の撲滅はこうするのだ | トップページ | 維新分裂 政策実行力の無い政界再編 »