« 大飯原発訴訟、止めると言えば解決できるのか? | トップページ | 2014年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2014年5月29日 (木)

維新分裂 政策実行力の無い政界再編

総選挙前に突如合併した維新が分裂します。元々政策の異なる集団同士の合併だったので、いつかはこうなると思われていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140529-00000527-san-pol

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は29日午後に東京都内で記者会見を行い、橋下徹共同代表(大阪市長)との間で28日に合意した「分党」について説明する。「自主憲法制定」を旗印とした新党結成を表明する予定で、石原氏側には維新所属の国会議員62人のうち、15人程度が同調するとみられる。

この動きは、結いの党代表・江田憲司が画策したようです。

「原発」「憲法改正」「集団的自衛権」といったイシューで国会が揉めている中で、反対派を糾合するというのは、良いタイミングだと思います。

維新は合併前の人数では維新が多かったのに党役員では旧太陽が支配的で、不安定な状況でした。それで、与野党協議で賛成しかし本会議で反対という一貫性の無い国会対策で信用を失っていました。

維新と太陽は政策がだいぶ違うので、迷走を続けるよりは右と左でハッキリ分かれた方がスッキリします。

しかし、そんな結いの党も所詮は素人集団です。

仮に将来の総選挙で勝って政権を取っても、民主党のように政策を実行できずに醜態を曝すだけです。

現実的な政界再編は、実際の政治を経験している自民党内のリベラル派を取り込んで左右の二大政党制が実現した時にしかあり得ません。

そんな事になったとしても、自分は「リベラル」を支持しませんが。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 大飯原発訴訟、止めると言えば解決できるのか? | トップページ | 2014年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/56347077

この記事へのトラックバック一覧です: 維新分裂 政策実行力の無い政界再編:

« 大飯原発訴訟、止めると言えば解決できるのか? | トップページ | 2014年12月東京ディズニーシーの混雑予想 »