« 「政治的に公平」って何だろうね | トップページ | ノルディック複合、渡部暁斗が銀メダルおめでとう »

2014年2月10日 (月)

都知事選、小泉氏は「使用済み核燃料」だった

街頭演説で小泉氏は「私自身が再生可能エネルギー」と叫んだそうですが、実はそうではなかったわけです。うっかり触った殿は大火傷を負ってしまいました。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/10/kiji/K20140210007555140.html

想定外の大敗を招いた原因は、小泉人気の陰りが大きい。小泉氏は細川氏に連日同行し、各地で街頭演説をして多くの聴衆を集めた。しかし、支援者以外からの反応はいまいちで、「東北の大震災は天が与えてくれた大切なチャンス」「脱原発の代案なんて1人で出せるか」など開き直りにも聞こえる発言が目立った。その小泉氏はこの日、姿を見せず、細川氏は「小泉さんには感謝と敬意を示したい」と話した。

都知事選は良くも悪くも順当な結果に終わりました。

舛添要一氏がダブルスコアで当選、2位宇都宮氏、3位細川氏でした。個人的に応援した田母神氏は4位・・・

強いて脱原発をテーマにするならば、即時廃止の宇都宮氏と細川氏が一本化出来ていれば、或いは小泉氏が自分で立っていれば、さらに天気が悪くなければどうだったか、でしょう。

朝日新聞は社説で、舛添氏も脱原発依存なのだから、脱原発の考えは都民に浸透しただろう、と述べています。

即時全廃と漸減では、天と地ほどの差があるというのに。

一方、これは小泉氏の作戦だったのではないか、と言う説があります。

結果から考えるに、脱原発が一本化すれば舛添氏の当選が危うかったわけです。

以前も書きましたが、本気で勝つなら小泉氏が自ら出馬すべきだったのです。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-1e22.html

腑に落ちないと思っていたのですが、「勝つつもりは無く、宇都宮を負けさせるのが目的」と考えれば納得出来ます。

共産党による都政の再来を防ぎたかったのは、日本だけでなく彼のバックのアメリカの意図でもあったのだと思います。アメリカは燃料を日本に高く売りたいため、「負けたけど脱原発を争点として都民にアピールできた」という落としどころが丁度良かったのです。

「使用済み核燃料」は、アメリカは上手く扱い、細川氏は下手に触って被曝してしまったのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「政治的に公平」って何だろうね | トップページ | ノルディック複合、渡部暁斗が銀メダルおめでとう »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54937477

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選、小泉氏は「使用済み核燃料」だった:

« 「政治的に公平」って何だろうね | トップページ | ノルディック複合、渡部暁斗が銀メダルおめでとう »