« 慰安婦問題の嘘を覆すための第一歩 | トップページ | 2014年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2014年2月27日 (木)

キムヨナは平昌五輪にも出るのではないか

ソチ五輪で銀メダルのキムヨナ、引退すると言っていますが、韓国はそれを許さないのではないでしょうか。勝てる勝負を出ない手は無いからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140226-00000003-jct-ent

ソチ冬季オリンピックが開催された2014年2月6日からの18日間は「ツイッター」も大きな盛り上がりを見せた。期間にツイート数は4000万を超えたが、全世界で最も話題になった選手はフィギュアスケートの浅田真央(23)だった。

フィギュアスケートのショートプログラムで失敗、その翌日に感動の演技を魅せてくれた浅田真央選手は、世界中から尊敬されています。

日本は勿論、中国を含む世界中から応援され、さらに今昔の有名フィギュアスケーターからも後押しされました。優勝したソトニコワまで浅田真央を尊敬すると言っています。

メダルと感動は別の所にあるのです。

それにしても、女子フィギュアスケートの闇は深いです。

調べれば調べるほど、キムヨナ上げ、浅田真央下げの詳細が見えてきます。

ごく簡単に言えば、ジャッジの偏愛です。裏での大きなマネーの力が想定されます。

フィギュアスケートの採点は、「演技構成点」、「出来映え点」、「エッジエラー」、「回転不足」の判定に手心を加えることで、選手の得点・順位の操作が相当程度に可能な仕組みです。

ジャッジが勝たせたい選手の得点を操作するのです。

キムヨナは簡単な演技をミス無くこなすだけで史上最高点を貰え、浅田真央は小さなミスを気にしながら慎重にジャンプするために疲労し、時に転倒するのです。

今回はロシアの選手もジャッジに愛されました。

これについては韓国のメディアが批判しています。

地元と言う点が大きいですが、韓国がやってずっと見逃されたことをロシアがやっても大きな問題にはならないでしょう。

国際スケート連盟会長チンクアンタは、「キムヨナが勝つ。賭けても良い」と発言して物議を醸しました。

その彼が、今回の採点問題について調査しないと発表しました。

「ホームは勝つものだ」

と言外に匂わせています。

ということは、次の平昌五輪では韓国の選手が優勝する予定なのです。

しかし韓国のフィギュア界に、4年後を狙える選手はキムヨナ以外いません。

16歳の選手達をあと4年で世界一にまで育て上げるのか。

育たなければ、キムヨナ再々登場となるでしょう。

そんな現実を全て飲み込んで、文句一つ言わずに最高の演技を魅せてくれた浅田真央選手には本当に頭が下がります。

分かっている人達ほど彼女を尊敬するのです。

浅田選手は次も出るのか。ボロボロに傷ついた彼女が引退を決断したとしても、責めることは出来ません。

在日・電通マネーのマスコミは、こんな事は決して報道しません。

しかし我々日本人は、彼女とフィギュアスケート界のことを分かって労ってあげたいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 慰安婦問題の嘘を覆すための第一歩 | トップページ | 2014年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/55162671

この記事へのトラックバック一覧です: キムヨナは平昌五輪にも出るのではないか:

« 慰安婦問題の嘘を覆すための第一歩 | トップページ | 2014年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »