« 慰安婦、竹島。撤回だけはしないように | トップページ | 2014年8月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2014年1月31日 (金)

小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」

STAP細胞は、将来の再生医療につながる偉大な発見です。それでいて発想は極めてシンプル、そのギャップに驚きます。ノーベル賞になるかも知れません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000002-wordleaf-sctch

1月29日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の研究チーム(研究ユニットリーダー・小保方晴子さん)が「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見」したと発表しました。これは2012年にノーベル賞を受賞した山中伸弥(京大教授)が作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)とは異なるアプローチで体細胞の万能細胞化を実現させた画期的な手法です。それはどのようなものでしょうか。

通常、体のあらゆる細胞は一個の受精卵が細胞分裂し、血球や心臓・皮膚等それぞれの役割の細胞に分化して行きます。

分化した細胞が未分化の状態に戻ることはないのが鉄則で、ES細胞、iPS細胞、そして今回のSTAP細胞は、これに逆らうものです。

この研究が臨床応用に至れば、病気や怪我で失われた人体の組織を、取ってきた別の細胞から作って補完することが出来るようになります。

マウスの血球細胞を酸性条件に置くと多能性細胞に変換できるというのがこの研究の要点です。

その手法が余りに画期的というか単純すぎて、最初は科学誌Natureのレフェリーから「細胞生物学の歴史を愚弄している」と愚弄されました。

出来ると分かれば簡単なことでも、最初に実行するのは至難であり、現代の「コロンブスの卵」と言えます。

時代を先取りしすぎた感がありますが、ようやくNatureの理解を得ました。

とは言え、臨床応用には長い年月を要します。

STAP細胞を改めて分化誘導し、目的の臓器を作り、それをマウス→サル→人体に応用して医療現場で提供されるまでは数十年の仕事です。

2006年に作られたiPS細胞も、現状ではマウスでの人工臓器の段階に留まっています。

このSTAP細胞の臨床応用が実現した時、小保方さんはノーベル医学生理学賞を受賞するでしょう。

しかしそれはずっと先の話です。或いは、新たな技術が発見されるなどでSTAP細胞の研究が進まなくなったら、その話もなくなってしまいます。

誠に釈迦に説法だけれど、小保方さんには更に研究を進めて欲しいです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 慰安婦、竹島。撤回だけはしないように | トップページ | 2014年8月東京ディズニーシーの混雑予想 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54810129

この記事へのトラックバック一覧です: 小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」:

« 慰安婦、竹島。撤回だけはしないように | トップページ | 2014年8月東京ディズニーシーの混雑予想 »