« 前門に徳洲会を追い後門に佐川急便を進む | トップページ | ラスト・サムライに敬礼 »

2014年1月16日 (木)

自衛隊に対するネガキャン、そして某国の影

こういう時には小さい方が避けるしかないというのに、マスコミは最初から自衛艦が悪いと決めつけています。我々はそんな誘導に騙されてはいけません。

 

 広島県大竹市の阿多田島(あたたじま)沖の海上で15日朝に発生した、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故。

自分の過去のエントリーです。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-40ef.html

海自「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故の裁判の結果です。

今回の現場の周辺海域は、多くの船が通るとのことで、「あたご」の事故と状況が似ています。

そんなところで大型船が進路を変えたら、釣り船を避けても他の船に衝突してしまいます。

小さい方が避けるしかないのです。

とりあえずテレビ朝日の報道が酷いです。

Photo

「おおすみ」は全長178m、釣り船は7.6mです。いい加減な縮尺です。「おおすみ」は1km以上あるのかよ

そして、178mもある船はこんな曲がり方は絶対出来ません。競艇なら出来るけど

イメージとは言え、現実離れしています。

「イメージ」は釣り船の「寺岡さん」目線の図なので、実際のところは釣り船が蛇行していたと考えるのが妥当です。

そしてもう一つ、「寺岡さん」は、「おおすみ」は衝突直前に貨物船を回避していた、と証言しています。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20140116-OHT1T00054.htm

それを無視するテレビ局。

直近の前歴を振り返れば、

・2013年12月10日、和歌山県沖で韓国籍船が座礁し、重油が大量に流出。

・2014年1月11日、対馬沖で韓国船籍タンカーが貨物船と衝突して重油が流出。

聞いたことのある方はいるでしょうか。

日本のテレビは、韓国に都合の悪いニュースは報道しません。

今回もそんな事故だったのではないかと思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 前門に徳洲会を追い後門に佐川急便を進む | トップページ | ラスト・サムライに敬礼 »

政治」カテゴリの記事

コメント

訓練された自衛隊がこんなことするはずもないと感じています。自衛官はさぞかし悔しい思いをしているんでしょう。
ライフジャケットも着ずに釣りのほうが問題ではないかと思います。

GPSの起動の調査が鍵をにぎるのかと思います。

報道が常に庶民側にっていう気持ちはわからないわけではないが、限度がありますよね。

投稿: パズ | 2014年1月18日 (土) 23時40分

コメントありがとうございます。

ネットで情報を見ていると、釣り船が自衛艦を延々追跡していたという話もあります。
ただの善良な市民とは異なるのではないかと思います。

投稿: プー | 2014年1月19日 (日) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54632962

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊に対するネガキャン、そして某国の影:

« 前門に徳洲会を追い後門に佐川急便を進む | トップページ | ラスト・サムライに敬礼 »