« 芦田愛菜がいなくなる? | トップページ | 小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」 »

2014年1月27日 (月)

慰安婦、竹島。撤回だけはしないように

NHKの新会長、籾井勝人氏、いきなり飛ばしています。正しいことを言っているのですが、朝日新聞や野党の反発は必至です。勝算のある戦いと思いたいですが。

http://www.asahi.com/articles/ASG1T5J3XG1TUCVL005.html

NHK新会長の籾井(もみい)勝人(かつと)氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求める韓国を疑問視した。従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。尖閣諸島・竹島など領土問題については、国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。

今まで散々反日番組を放送してきたNHKですが、会長が保守派に替わりました。

政権寄りとか安倍政権のお友達人事との批判もありますが、反日マスコミの多い中ではバランスを取る方向、と自分は評価します。

しかし、いきなり飛ばしすぎであり、危険です。

いくら正しいことと言っても、日本国政府は河野談話を「踏襲」しています。

これを盾に朝日新聞や野党から攻撃されたら、政府は彼を擁護できないのです。

その結果、早期に退任となれば、次の会長は左翼系の人物が就任することとなり、彼の主張と真逆の結果をもたらすことになります。

ここは冷静に、NHKも政府も一緒に、

「あくまで歴史的事実に基づいた発言」

とだけ答弁し、余計なことを言わないことです。

公正中立が放送事業者の義務ですが、その基準なんて曖昧なものです。

朝日新聞にかかれば、従軍慰安婦も竹島も韓国の主張通りが公正中立だ。ということになるのですから。

ここは、「歴史的事実」を公正中立の基準として主張し通すことです。

ここで折れてしまったら、「左の鳩山、右の籾井」と、将来にわたって馬鹿にされることになります。

籾井会長には踏み止まって欲しいです。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 芦田愛菜がいなくなる? | トップページ | 小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/54760505

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦、竹島。撤回だけはしないように:

« 芦田愛菜がいなくなる? | トップページ | 小保方晴子さんのSTAP細胞は、現代の「コロンブスの卵」 »